1. HOME
  2. 築地を知る
  3. これからの築地 | 築地を知る

築地を知る | これからの築地

ご挨拶

日頃より築地場外市場をご愛顧頂き、ありがとうございます。

90年近くに亘り、築地は市場のまちを築いて参りました。平成30年10月に中央卸売市場が豊洲へ移転し、市場機能は築地と豊洲に二分されましたが、業務用市場として築地場外市場は健在です。

豊洲市場と日々連携しながら注文に応じておりますので、業務筋の皆さんにはご安心いただけることと存じます。また、豊洲で営業する魚・野菜の仲卸業者が出店している「築地魚河岸」施設、同施設3階「魚河岸食堂」は、ともに旧場内に代わる築地の新しい顔としての役割を果たしております。

今日の築地場外市場は、業務用買出人、一般の買い物客はもとより、国内外からの多くの観光客で賑わっております。食料品のみならず包丁、包材、食器類など食に関するあらゆる品を取り揃えており、飲食店も充実し、世界にも比類のない総合市場です。

400を超える専門店街でありながら、近隣の方々の日々のお買い物の場として、また、まとめ買いをされる一般消費者の方々にもご利用頂きやすいよう、小分け販売もしております。さらに食材の選び方、料理方法については、各店にご相談いたければ、専門店ならではの幅広い知識に基づいた対応をいたします。最近では、通信販売をおこなう店舗も増え、常にお客様目線のサービスを心がけております。

築地場外市場は、未来永劫、日本の誇る唯一無二の市場であり続けたいと考えております。
これからも益々のご厚情賜ります様、お願い申し上げます。

NPO築地食のまちづくり協議会 理事長
鈴木 章夫

3つの取り組み

  • 1.築地魚河岸の運営
    仲卸を中心とした施設「築地魚河岸」、日本の漁港と築地をつなぐ「にっぽん漁港市場」に加え、築地の老舗の味が楽しめる魚河岸食堂、屋上BBQ施設等を設けております。
  • 2. 築技セミナーの開催
    食の専門店が集まる築地には、長年積み重ねてきた知識や情報があります。食材の扱い方や目利きの仕方など、築地関係者が教えるセミナーを実施しています。
  • 3. イベントへの取り組み
    春は買い物、秋は食育をテーマに、お子様からご年配の方まで、どなたでも楽しめる食のイベントを開催しています。