ホーム /  お店を探す / 今月の一店逸品 / 2014年11月号 「やっぱ...

今月の一店逸品

2014年11月号「やっぱり魚介・鮮魚店」特集!

プチッとはじける旨さ「生すじこ」

浅田水産         TEL :  03-3546-3939

秋鮭とともに今が旬の「すじこ」。ほぐして醤油など好みの味に漬け込めば簡単に自家製いくらが作れます。炊きたてのご飯にたっぷり乗せれば、海の宝石箱の完成!口の中でプチッと弾ける食感がたまりません。醤油漬けが一般的ですが、塩漬けもおすすめです。冷凍すればお正月まで楽しめます。

うまみが染みる「タコのやわらか煮」

魚雅         TEL :  03-3546-8210

千葉県大原漁港の名物「地ダコ」を、水揚げしてすぐに茹で上げた、味付けタコです。びっくりするほどの柔らかさと旨さに感動すること間違いなし。そのまま食べるのはもちろんのこと、ゆで汁で炊いたタコ飯も絶品です。ほんのり赤く染まったお米の一粒一粒に、タコの味が染み込みます。

日本海の冬の魚「寒ブリ」

伊勢友         TEL :  03-3541-9464

西日本では昔からお祝いごとには欠かせない魚とされ、関東でもここ数年人気急上昇中の「寒ブリ」。春に、北海道の沖合まで北上したブリは、水温が15℃を下回る11月頃から南下をはじめます。日本海の荒波で育ったブリは身が引き締まっていて脂が乗っています。お刺身はもちろん、薄く切ってシャブシャブにするのもおすすめです。毎週土曜日には必ず入荷し、ピークの時期は平日でも扱います。

プリップリの磯の味「牡蠣」

成東水産         TEL :  03-3542-4786

牡蠣好きのみなさん、お待たせしました。本格的なシーズン到来です!むき牡蠣、殻付き牡蠣、どちらも販売しております。身がふっくらしていて香りもいい三陸産がおすすめ。自分で殻を剥くのは難しそう・・・という方には、開け方のポイントをお教えします。お鍋、フライ、余ったら佃煮にするのもいいですよ。栄養タップリの牡蠣いかがですか。

海老の王様「活き伊勢海老」

三宅商店         TEL :  03-3541-2985

お祝いの席や贈答用に最適な「伊勢海老」。食卓を豪華に飾るならこれ以上の食材はありません。鮮度を活かすなら、やっぱりお刺身。氷水で冷やすとおとなしくなるので捌きやすくなります。手を傷つけないよう軍手やタオルで押さえると危なくないです。捌くのが苦手という方は、塩ゆでして豪快に食べるのもいいですね。

PR

バックナンバー