1. HOME
  2. とれたて食材情報
  3. 魚介類・マグロ -年末食材- | 食材情報「とれたて築地食材情報」

とれたて食材情報

2020年12月14日(月)

魚介類・マグロ -年末食材-

マグロ、ブリ、伊勢海老・・・年末年始は豪華に海鮮三昧といきましょう!
とはいっても、年末の魚介類は需要が高まり、天候によって入荷が不安定になるので事前にお店に相談しておくと安心です。
年明けに食べるなら冷凍品を購入するのもいいでしょう。マグロはもちろんホタテや甘エビなど、最近は冷凍技術が進んでいるので高級寿司店でも冷凍品を使うほどです。価格が安定しているので買いやすく、保存も簡単なのでストックしておくと便利です。

【マグロについて】

築地といえばマグロ! 年末の本マグロは脂がのって一年で最も美味しくなる季節です。
購入したらすぐにキッチンペーパーで包み、ビニール袋に入れてしっかり空気を抜いておけば冷蔵庫で2日~3日は鮮度を保つことができます。空気に触れると鮮度落ちが早くなり、身が黒くなる原因になるので注意しましょう。食べきれなかった場合は、焼いたり、ねぎま汁にするなど加熱すると料理の幅が広がります。
保存を考えるなら冷凍マグロを購入するのもおすすめです。解凍方法は販売店で教えてもらえるので安心です。

【ブリについて】

かつてお正月に欠かせない魚といえば、東日本ではシャケ、西日本ではブリといわれていましたが、最近では関東でもブリの人気が高まっています。
今年は今のところ入荷は順調で価格も安定していますが、例年年末になるほど高くなり品薄になります。

【伊勢海老】

めでたさの象徴といえば伊勢海老です。生け簀がある鮮魚店などで販売しています。年末は需要が高くなりますので事前予約しておきましょう。

取扱店舗について

場外店舗:鮮魚貝類マグロ

施設紹介

メールマガジン 「築地場外市場通信」

築地場外市場では、四季折々、楽しいイベントが行われています。
そんなイベントやお得な情報を、いち早くキャッチしていただくため、登録していただいた皆様に、無料でメールマガジンをお送りしています。

登録する

必読!

マナーを守って楽しい市場に築地のマナー8箇条

- 築地はプロとプロが真剣勝負する問屋街!-

朝は仕入れ優先タイム!
9時までは仕入れの方の優先時間です。店を回っている買い付けている人を見かけたら、邪魔にならないようにしましょう。
食事は店内か店舗前で!
食べ歩きは通行人の迷惑になります。飲食は店内又は指定の場所でお願いします。
預けよう!
通行の妨げになるので、キャリーバックはコインロッカーに預けてください。ベビーカーは案内所「ぷらっと築地」でお預かりすることも可能です。
少人数で動こう!
場外の路地は狭く店も小さいです。団体行動は控えてください。お子様の手は離さずに歩いてください。
撮る前に声がけ!
お店で写真を撮るときはお店の方に確認しましょう。撮影禁止のお店には注意書きがあります。
食品には触れないで!
大切な売り物です。触ったり指で押す行為が商品価値を下げてしまいます。特になまものなどの売り物には手を触れないでください。必要なときはお店の人に聞きましょう。
値切らず買おう!
厳選品を卸売価格で販売しています。値引き交渉という習慣は築地にはありません。
決められた場所で吸おう!
喫煙は所定の喫煙所で。歩きタバコ、ポイ捨てはやめてください。