ホーム /  お店を探す / 今月の一店逸品 / 2017年9月号 築地場外の...

今月の一店逸品

2017年9号 築地場外の新施設 鮮魚・青果の仲卸が出店「築地魚河岸」 特集! Vol.9

待ちに待った冬の味「フグ」

福を招く「フグ」今年もシーズン到来です。毎年、本格的な入荷がはじまる前に味を確認、信頼できる業者からのみ仕入れています。定番はトラフグの刺身、マフグの昆布締め、フグ皮、一夜干し。

事前注文をおすすめしているのが、身欠、ヒレ、鍋用、唐揚げ用など。白子は入荷量に限りがあるのでご相談下さい。フグの次にこだわっているのがシラスです。話題の「チリメンモンスター入り」もございます。

今日おすすめの魚介がずらり「鮮魚」

大仲 (だいなか)         TEL : 03-6278-8600

お店の自慢は豊富な品揃えと、お客様目線のサービスです。店舗が通路を挟んで左右にあり、鮮魚・活魚・貝類とさまざまな魚種が並びます。

これからのおすすめは、タラの白子、アワビ、コハダ、毛ガニ、アジやイカなども価格が安定します。下関から直送のフグは、ご進物用のフグ刺しセットが喜ばれています。活魚は、天然のマダイやヒラメ、クエも出始めます。お持ち帰り用に、氷や箱のサービス、魚の下処理もいたします。

噛んだ瞬間の歯切れが違う「茹で蛸(ゆでたこ)」

本当の「茹で蛸」の味をご存知ですか? 素材選びから加工にもこだわり、築地で唯一、場内で独自加工した「茹で蛸」を販売している専門店です。

上物の条件とされる、しっかりとした身質、歯切れのよさ、切っても水分が出ない、塩加減、全てがそろっています。保存料や着色料なども一切使用していません。他のものと食べ比べれば味の違いがよくわかります。八本足で末広がり、縁起のいいタコを是非!

手軽に買えるこだわり「冷凍マグロ」

マグロ選びに迷ったらお立ち寄り下さい。買いやすさとリーズナブルな価格に自信があります。店頭にはパック入のマグロを多く並べていますが、冷凍庫にはさまざまな部位をそろえています。

また、近畿大学が開発した完全養殖クロマグロ「媛鮪(ひめまぐろ)」も扱っているので、お気軽にお声掛け下さい。姫鮪は市場流通していないので築地では珍しいです。

大きなせんべいが目印「マグロ&魚せん」

マグロ専門の仲卸ですが、築地魚河岸ではインパクトのある目玉商品として開発したのが「魚せん」です。マグロ粉とアゴ出汁を入れたタネに、新鮮な刺身用の甘エビを乗せてプレスしています。パリッと香ばしい味が人気です。

もちろんマグロもいつでもお求めいただけます。ご希望の部位や値段の相談、冷凍マグロの解凍方法まで、なんでもお答えします。年末にはマグロとイクラとカニを全面に出して販売します。

PR

バックナンバー