ホーム /  お店を探す / 今月の一店逸品 / 2015年1月号 「2015...

今月の一店逸品

2015年1月号「2015年食べはじめ」特集!!

興味をそそる未体験メニュー「マンボウ腸と豆のトマト煮」

店がオープンするのは築地が静かになる夕方6時。カウンター9席の店内はすぐに常連さんでいっぱいになる人気のバルです。メニューはその日の市場の仕入れ次第ということで、他ではお目にかかれない味が楽しめます。その一つが、マンボウの腸をインゲン豆とトマトであっさりと煮込んだこちら。マンボウの腸は肉のような食感で、例えるならばミノ。店のおすすめイタリアの微発泡の赤ワイン「ランブルスコ」との相性は抜群です。

ゆっくりお食事するなら「竹若御膳」

年のはじめにちょっと豪華なお食事はいかがですか。築地四丁目交差点角にある、築地KYビル地下1階のこちらの店には都内最大級の生簀があり、「活イカの刺身」は夜限定の看板メニューです。ランチにおすすめなのが、季節の刺身、天麩羅、茶碗蒸し、などがセットになった「竹若御膳」。単品メニューやお酒も充実、個室もあるのでグループでのお食事にも最適です。

豪華刺身もついてくる「築地場外セット」

築地では3店舗目となる「築地すし好 築地場外市場店」がオープンしました。大きなカウンター席とテーブル席があり、明朗会計、女性お一人様でも入りやすいお店です。お寿司とお刺身どちらも食べたいという方のために、この店限定のお得なメニューが登場! このボリュームで一人前です。2015年の寿司はじめはここで決まり。

うまみが凝縮「牡蠣のバター焼き」

東都グリル         TEL :  03-3542-2088

メニューの充実は築地でもトップクラス。働く人達のお腹を満たしてくれる社食的なお店です。10月~3月になるとメニューに並ぶ「牡蠣のバター焼き」は、三陸産の牡蠣に片栗粉をまぶし、バターと白ワインでソテーしたオシャレな逸品。牡蠣のジューシーな旨味が口に広がります。自家製タルタルソースをたっぷり付けて召し上がれ。

サクサク フワッ「アジフライ定食」

にっぽん漁港食堂         TEL :  03-6264-3744

刺身、焼き物、煮物など、その日市場に入荷した魚が最高の味で食べられると今注目のお店です。なかでも店自慢のアジフライは、市場で目利きした大ぶりのアジに、軽く塩をして余分な水分を抜いて揚げているので、外はサッくり身はふっくら。見た目以上にボリュームがあるので満足すること間違いなし。日曜日も営業しています。

PR

バックナンバー