ホーム /  関連情報 / 安心安全なまちづくり / 秋の救命救急講習を実施しまし...

安心安全なまちづくり

2014年10月17日(金)

秋の救命救急講習を実施しました

救命講習参加依頼  [ PDF ファイル ]


場外市場では、秋の救命救急訓練を定例化して実施しています。


本年は10月15日(水)15:00より、"食まちスタジオ"にて、「普通救命講習」を実施しました。指導は京橋消防署および京橋消防団第六分団(相野谷、佐藤、鵜飼)が担当。講習修了者には、東京消防庁の発行する「普通救命技能認定証」を授与します。


本年度は、組合・協議会の理事を対象とし、5名が参加しました。あえて少人数制をとり、マンツーマンの指導で、心肺蘇生およびAEDの完全習得を目指しました。


築地場外は、総合案内所「ぷらっと築地」を災害時の応急救護所に転換する計画ですが、万が一災害により当施設が使用不能になった場合は、晴海通り沿いの「吹田商店」の自社ビルが応急救護所として機能することを内定しています。今回は、救護所設営に際しての理事の役割についても学びました。

今後、防災部は、冬の全体訓練(27年2月実施予定)に向けてマニュアルを制作する予定です。

PR