ホーム /  関連情報 / 安心安全なまちづくり / 2014年2月

安心安全なまちづくり

2014年2月20日(木)

震災時ぷらっと救護所開設訓練:準備2

2014ぷらっと築地シナリオ .pdf

今回の訓練は、訓練時間1時間の前半30分を実地訓練、後半30分を消防署による指導とします。前半の実地訓練は、初の試みであることから、防災部長が指揮をとるかたちであらかじめシナリオを作りました。

ぷらっと案内所に、隣り合うかたちで災害対策本部と救護所の開設、災害対策本部は情報の収集と伝達、救護所はケガ人の受け入れを準備。

並行して、近隣の商店での事故を想定し、ケガ人を、周囲にある手車などを利用して救護所に搬送し、応急手当の後に病院に搬送します。当日、余裕があれば、初期消火のためのスタンドパイプ設置も行うこととします。

PDFは、前半の実地訓練のためにあらかじめ用意したシナリオです。

2014年2月20日(木)

震災時ぷらっと救護所開設訓練:準備1

2014 ぷらっと救護所開設訓練へのお誘い.pdf

場外市場では、ぷらっと救護所設営マニュアルの完成を機に、2月に救護所開設の実地訓練をします。
参加者は、場外エリアの商店街と町会の役員、事務職員、ブロックリーダーを想定。
該当者およそ70名に参加を呼びかけ、あらかじめ出欠をとりました。

PDFは、そのために配布した紙面です。

2014年2月12日(水)

震災時ぷらっと救護所マニュアル


震災時ぷらっと救護所マニュアルはこちら

築地場外では、総合案内所「ぷらっと築地」を災害時の応急救護所に転換する計画で、マニュアルを制作いたしました。(製作協力:中央区防災協議会)

裏面の周辺マップには、

  • 病院
  • 消防
  • 警察
  • 一時集合場所
  • 広域避難所
  • 帰宅困難者一時待機施設

のほか、場外就労者の要望から、

  • 高潮等の水害時の一時的な避難所

も記載しました。