ホーム /  知る / お知らせカレンダー / 主婦の目から見た年末買出しの...

お知らせカレンダー

2016年12月02日(金)

主婦の目から見た年末買出しの「コツ」は...?

築地で長年、お正月用品を購入されている主婦の皆さんに、12月のお買い物のコツを伺いました。


その1)買物にはリュックサックが便利! 12月の場外は人出が多く、キャリーバック・スーツケースの持ち歩きは難しいんです。両手が自由になるリュックがおすすめ。人ごみでは、スリにご用心!お財布は洋服の内ポケットかチャック付きのポシェットetc.にしっかりしまってね。

その2)乾物などは12/25日より前に買います 12/25のクリスマスを過ぎると、築地はいよいよ混雑を極めます。乾物など日持ちする食材は、第3週くらいまでに来たほうが、ゆっくり選べて、お店の人に調理法なども聞けます。

その3)どのお店で買うか迷ったときは? 例えば昆布を買ったお店で「かんぴょうは、どこで買ったら良いと思う?」というふうに、最初に買物したお店で、次に買いたい食材のおススメのお店を訊くと、参考になります。

その4)12月最終週のお買い物の時間帯は... 早朝は、お店の人はプロ相手で忙しそう。8時〜10時頃が比較的買いやすいはず。お昼前後は飲食店も行列するので、早めに買物、早めに食事がGOOD!

その5)「安くて美味しいもの」って......? 築地は基本、プロの商売人のまち。安いものは安いなりに、高いものは高いなりの値段がついていると思います。ただし豊作豊漁だと安い、旬だと安いなど、市況との関連で値段は変動するはず。新聞報道などを事前にチェックして買物に行きます。

その6)むやみに値切るのって、どう? 値切っている人を見かけるけれど、そもそも関東は値切る慣習がないの。だからお店もその分、上乗せして売っていないはず。築地に値切りの慣習を広めてほしくないな...。

その7)強引なお店の人には、ハッキリ断るわ 師走はお店の方もエキサイト。中には売り方のマナーがなっていないお店も...。買え買えとしつこい売り手には「いりません」と明確に意思表示します。

その8)小さな子供、赤ちゃんを同伴する場合は? ベビーカーも、人出が多く、たたんで持ち歩かざるを得なくなります。迷子も増える時期。赤ちゃんはパパやジイジがだっこ、幼児は手を離さないようにね!

その9)トイレの行列を避けるために 最寄りの駅でトイレを済ませてから場外に行きます。トイレで行列するのは、時間のムダですもの。

その10)駐車場に止められる? 隣接する区営駐車場は、たびたび満車になり、入車するまでの道路も渋滞して大変。場外からタクシーでワンメーターの駐車場に駐車して往復するのもひとつの方法よ!


<築地のまちからのお願いです> 歳末は商店一同、細心の注意を払い、お客さまの安心安全を確保すべく努力しております。 
大きなお手荷物をお持ちですと、予想以上に交差交通を遮断してしまうわけで、後方で蹴つまずく人が続出しております。
また、キャリーバック等を引く人とすれ違う際も、目線では「空間」になっているため好んでそちらに向かおうとして、バッグの存在に気が付いて立ち往生とか、蹴つまずくことが多く発生しております。
そして、キャリーバック等を引っ張ったまま漫然と立ち止まって、通路を通せんぼしているケースも多々発生して、混雑の原因となっております。
安全確保・避難の妨げとならない様に、楽しくお買物をして頂くためにも皆様のご協力が不可欠ですので、よろしくお願い申し上げます。

NPO食のまちづくり協議会・築地場外市場商店街振興組合 理事長 鈴木章夫


PR

これからのイベント