ホーム /  業務筋情報 / とれたて築地食材情報

とれたて築地食材情報

2019年1月24日(木)

小さいけれど万能 すりこぎ

2019.1.24.jpg手のひらサイズのすりこぎ。卓上で、ワサビ、ショウガ、ニンニクなどの薬味をスリスリできる手軽さが人気です。さらに、もう一枚のお皿を下に敷いてゴリゴリさせると、胡椒や茶葉を粉末にすることができます。小さいのにいろいろ使える万能調理器具。つきじ常陸屋で販売中。

2019年1月22日(火)

さつまいも比べ

2019.1.22.jpgさつまいもを選ぶ基準は、しっとり、ねっとり、ほくほく。種類が豊富なこの時期は、食べ比べも楽しいですね。しっとり系といえばシルクスイート、ほくほく系といえば五郎島金時。レンジやトースターで調理するのが手軽ですが、たき火で焼き芋が絶対美味しい! 

2019年1月21日(月)

甘エビ ミソもタマゴも

2019.1.21.jpg久しぶりに入荷した北海道産の甘エビ。産卵するとお腹にタマゴを抱えますが、頭が黒ずんでいるのは産卵前の内子があるということ。胴から頭を外して、中身を指でギュっと押すとミソやタマゴが出てきます。新鮮だからこその珍味です。

2019年1月18日(金)

おでん種バイキング

2019.1.18.jpgこんにゃく、はんぺん、きんちゃく、がんも、ごぼう巻き。関東風なら、ちくわぶは欠かせません。最近、練り物屋さんの数が減ってきていますが、築地にはなくてはならないお店です。あれこれ選んで大鍋でたっぷり作りたですね。

2019年1月17日(木)

カラカラ天気 干し日和

2019.1.17.jpg「干しかご」を使って野菜や果物を干してみませんか。ニンジン、ダイコン、キノコ・・・ 旬の野菜を、食べやすい大きさにカットして、お日様にあてて半日。ほどよく水分が抜けて、うま味が凝縮。くわしくはつきじ常陸屋へ。

2019年1月16日(水)

食べ方で海苔選び

2019.1.15.jpg焼き餅にくるりと巻くなら、しっとりとしても溶けない寿司海苔がおすすめ。ごはんのお供なら、口どけのいい初摘み海苔。使う前にさっとあぶる一手間で風味が増しますよ。食べ方で海苔選びいかがですか?

2019年1月15日(火)

ピシリと整列 ワカサギ

2019.1.14.jpg冬の定番ワカサギ。ピッカピカでかわいいでしょ! 定番メニューといえば、天ぷらやフライですが、塩焼きにしても美味。茨城の霞ヶ浦はワカサギ漁はもう少しすると保護のために禁漁となります。 

2019年1月12日(土)

アンコウ鍋を手軽に

2019.1.12.jpg冬の鍋といえば、西のフグ、東のアンコウといわれます。 アンコウは、さばくのが難しいので切り身になった状態でも販売されています。お鍋に入れる前に、湯通しすれば下処理OK。 あん肝は切れ目を入れて血抜きをします。寒い日はお鍋です!

2019年1月10日(木)

イカ刺しに ヤリイカ

2019.1.10.jpg身がやわらかくて甘みがあるのがヤリイカ。鮮度がよければイカそうめんがおすすめ。繊維に逆らって切るのがコツですよ。 黒目が澄んでいて、肌がつやつやしているのが新鮮な証拠。表面の色がまだらになっているのは、箱詰めされてイカ同士がくっついたから、鮮度や味に影響はありません。

2019年1月08日(火)

スーパー海藻 アカモク

2019.1.8.jpg秋田ではギバサの名前で親しまれている海藻。ミネラルや食物繊維が豊富で、健康食品としても注目されています。食べ方は、三杯酢でそのまま食べる他、味噌汁の具、天ぷら、オムレツに入れてもおいしいですよ。春頃まで入荷します。

2019年1月07日(月)

七草で無病息災

2019.1.7.jpgかわいい七草セット。

七種類全部いえますか? セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。

波除稲荷神社では「長生庵」店主がつくる「七草粥」が先着100名にふるまわれます。

2019年1月05日(土)

2019年 初荷

2019.1.5.jpg平成最後の初荷。3億超えのマグロのニュースではじまり、鮮魚店には初荷の札。年明けから築地は華やかです。

2019.1.5-3.jpg

2018年12月29日(土)

ラストスパート

2018.12.30.jpg本日も全店営業中! 冬晴れでお買い物日和です。いいものからどんどん売れてますので、お早目にお越しください。 

年末はやっぱり築地! 

2018年12月29日(土)

さ~今年もあと3日

2018.12.29.jpg早朝より多くのお客様で活気にあふれています! 専門店が目利きした商品を、どなたでも買えるのが築地の魅力!! 魚、肉、野菜、おせちの材料などなどそろいます。今年も残すところあと3日。 皆様お待ちしております。

2018年12月28日(金)

築地魚河岸 年末営業時間 延長

2018.12.28.jpg仲卸業者が出店している築地魚河岸では、日ごろの感謝を込めて、12月28日(金)~12月30日(日)の3日間、営業時間を17時まで延長します。12月31日(月)は自由営業致します。

お買い得品を多く取り揃えておりますので、是非お越しください。

【築地魚河岸 営業時間】

12月28日(金)~ 30日(日)5:00~17:00

12月31日(月) 自由営業 5:00~15:00 

※お店によって営業時間は異なります。2018.12.28-4.jpg

2018.12.27.jpgこれから数日間は一年で最も賑わいます。平成最後の年の瀬のお買い物を、築地でお楽しみ頂くためのポイントをご紹介します。

・買い忘れのないよう事前に買い物リストを作っておく。

・エコバック・保冷バックがあると便利。

・歩きやすい靴と身軽な服装で。

・貴重品はしっかりと持つ。

・旅行カバンは持ち込まない。(近くのコインロッカーにお預け下さい)

・人とはぐれてしまった、落とし物をしたなど、困ったときは総合案内所「ぷらっと築地」へ。

・お買い物は9時~14時頃がおすすめです。

2018年12月26日(水)

豪華おせちといえば 伊勢海老

2018.12.26.jpgおせちを華やかにする伊勢海老。価格は例年通りで入荷も順調です。海老は長寿の象徴のほか、その色と威勢のよさ、目玉が飛び出ていることから「めでたさの象徴」とされています。塩焼き用の有頭海老もまだまだ品数豊富です。

2018年12月25日(火)

お正月商材 準備OK

2018.12.25.jpgお正月商材が出そろいました! 蒲鉾の有名メーカーもそろっています。ひと口に蒲鉾といっても、すり身の魚が変わると食感や味も大きく変わります。昔から食べている味を求めて、銘柄指定で買うお客様が多いのも納得です。この時期はいろいろそろっているので、味比べもいいかも。

2018年12月23日(日)

カニ カニ カニ

2018.12.23.jpg新潟中央水産に並ぶカニの山。浜ゆでベニズワイ、ボイル松葉、活けの毛ガニ、生ズワイなどなど、産直だからこその鮮度と品揃えです。

蟹倶楽部では活けのタラバや各種冷凍カニを販売。発送も可能です。

カニもやっぱり築地です!

2018年12月22日(土)

やっぱり生本マグロ!

2018.12.22.jpg近海のマグロは品薄で少々高めとのことですが、それでも食べたいのが生本マグロ。スルメイカを追いかけて北上する本マグロは脂がのってやっぱり美味しい!

マグロの専門店には豊洲でセリ落としてきたマグロがずらり。品揃えをみるだけで、築地のマグロ屋としての誇りとプライドがわかります。赤身、中トロ、大トロ、希少部位などそろっています。

PR

最近の記事

2019年9月21日
ブリに期待!
2019年9月18日
冬のワカサギ登場
2019年9月06日
松茸ざんまい
2019年8月06日
大粒 落花生

過去のアーカイブ