ホーム /  業務筋情報 / とれたて築地食材情報

とれたて築地食材情報

2019.3.25.jpgようやく丸々としたホタルイカが入荷。いつもの倍ほど値段だったのが、ようやく例年通りとなり一安心。でも、入荷が遅れた分今年の漁獲量は少なくなるとの予想です。写真は浜で蒸されたもの。ツヤツヤとして味が濃厚です。

2019年3月22日(金)

春の釣り魚 メバル

2019.3.22.jpgパッチリお目々のメバル。深い所で育つと黒っぽく、浅い所に住んでいると赤っぽくなるのが特徴。色によってい呼び名が変わり、こちらは赤っぽいのでアカメバルやウスメバルと呼ばれています。エラの所に鋭いトゲがあるので要注意。煮魚が一般的ですが、新鮮ならお刺身もおすすめです。

2019年3月20日(水)

ミソが美味 クリガニ

2019.3.20.jpg毛ガニと比べて、殻がやわらかく味噌が多いのが特徴です。市場にはあまり入荷しないので築地でもあまり見かけません。味がよくて安いのが嬉しいところ。茹でて食べるのが一般的です。

2019年3月19日(火)

砂抜き不要 ゆりかごアサリ

2019.3.19.jpgあの嫌なジャリ感がない長崎県小長井産のアサリ。沖合のイカダにぶら下げたカゴの中で育つことから、ゆりかごアサリと呼ばれています。海の中で栄養分をたっぷり吸収するので身入りがよいのも特徴。貝がおいしい季節です!

2019年3月18日(月)

桜陽気ともに 殻付きトリ貝

2019.3.18.jpg桜の開花予報とあわせて、お目見えするのが殻付きトリ貝。開いた状態のものは一年中出回りますが、むきたての生のトリ貝はこの時期だけ。シコシコした食感と、磯の香りを味わいます。寿司ネタでは欠かせない高級貝です。

2019年3月15日(金)

初夏の味 びわ

2019.3.14.jpgこちらはハウス栽培のびわ。もう少し経つと露地物がではじめますが、味がいいのはハウス物だそうです。お値段はまだまだ高め。それでも食べたいのが初物です。一足早く初夏の味いかがですか~。

2019.3.12.jpgそろそろ気になる桜の開花。一足早く料理に桜を咲かせませんか。さっと水洗いして塩を落とし、5分程水に浸して塩抜きしてから使います。鯛飯に散らしたり、ちらし寿司、おにぎり、デザートなど、味のアクセントとして使えます。おすすめは桜の甘酒。温めた甘酒の上にトッピングするだけ。気持ちがホット和みます。漬物や珍味を扱うお店で販売しています。

2019年3月11日(月)

朝どれ スルメイカ

2019.3.11.jpgにっぽん漁港市場 網代定置網で、最近毎日のように入荷している朝どれスルメイカ。「この時期、このサイズがまとまって入るのは珍しい」とお店の方。さっきまで泳いでいたイカですから、刺身にしたら絶品です。入荷はその日次第なので、見かけたら買うべし。

2019.3.9.jpg富山湾のホタルイカが解禁となりましたが、不漁続き。そのため価格も高騰しています。それでもプックリ大きくなったボイルホタルはそそられます。お店では手が出しやすいよう小分けでも販売。最盛期は4月、これからの入荷に期待です。

2019.3.8.jpgゴツゴツとしたウロコと大きなヒレが特徴のトクビレ。正面から見ると八角形に見えることから通称ハッカクと呼ばれています。見た目は怖いですが、きれいな白身の高級魚。脂がのっているのでお刺身やお寿司、塩焼きもおすすめ。関東では珍しい魚ですが、北海道では冬に人気の高級魚です。

2019.3.7.jpgサラダに入れたり、ちらし寿司、お菓子、アイスキューブにしたりなど、料理を華やかに演出してくれるエディブルフラワー。無農薬なのでそのまま食べられます。早く使いきるのが基本ですが、余ったら冷蔵庫へ。お祝い料理に喜ばれます。

2019.3.4.jpg鹿児島産の月日貝。表が赤く、裏が白、この色を太陽と月に見立ててこの名が付いたそうです。ホタテよりも身は小さいですが、味は負けません。食べ方は、刺身、ソテーなど。飲食店ではこのキレイな殻を飾りとしても使うとか。築地でも珍しい2枚貝です。

2019年3月02日(土)

空を飛んでとどいた ニシン

2019.3.1.jpg北海道を代表する春告げ魚。鮮魚が買えるのは築地だからこそ。北の海から鮮度を保ったまま空輸されてきました。簡単に食べるなら塩焼きですが、鮮度がよければ刺身がおすすめ。骨が多い魚ですがそこをクリアできれば、脂がのってとても美味。国産は高級品です。

2019年2月26日(火)

こうばしく香る ひれ酒

2019.2.26.jpgまだまだ夜は熱燗といきたいところ。香りを楽しむひれ酒はいかがですか? 炙ったひれを温めた日本酒に浸せば完成。ポイントはひれをきつね色になるまでしっかりと炙ること。香りと旨味成分が引き立ちます。珍味や乾物を扱うお店で販売しています。

2019年2月25日(月)

やわらかおつまみ シシャモ

2019.2.25.jpgシシャモをひらいて醤油と砂糖の甘辛タレで味付けした、柔らかシシャモ。そのままでもいけますが、少しあぶるとさらにおいしくなります。骨が気にならないので、子供でも食べやすく高齢者も安心。築地魚河岸 仲代で販売中です。

2019年2月22日(金)

豆ごはんに うすい豆

2019.2.22.jpgさわやかな緑色のうすい豆。莢(サヤ)の中の豆をいただきます。見た目はグリーンピースと似ていますが、皮が薄くて青臭さも少なく食べやすい。関西では春を告げる食材として親しまれています。炊き込みご飯がおすすめです。

2019年2月21日(木)

青森から春の便り 本マス

2019.2.21.jpg魚の種類も冬から春へ。まるまる太った青森産の本マスは、別名サクラマスと呼ばれ、身は鮮やかなオレンジ色。これからが旬です。サケの種類のなかで最も美味しいともいわれ、鮮魚で出回ります。脂がのっているのでルイベや刺身、塩焼きがおすすめ。

2019.2.19.jpgタイから入荷したマンゴスチン。日本で生が出回るのはこの時期だけ。厚い果皮の中からあらわれる乳白色の果肉は、口の中で溶けるほどやわらかで、フルーツの女王と呼ばれています。ひと口食べれば気分は南国です。

2019.2.18.jpg韓国食材専門店ケーマートの冬の定番ケジャン。オリジナルのうま辛ダレに新鮮なワタリガニを漬込んだ人気商品。両手でつかんでガブリと吸いつくのがおいしい食べ方。3月頃まで販売。

2019年2月15日(金)

白いスーパーフード 酒粕

2019.2.15.jpg最近話題の酒粕。築地では調味料を扱う店や漬物店で販売していますが、こちらは新潟中央水産で限定販売している雪中梅の酒粕。コクがあって上品な香りがあります。甘酒、粕汁、味噌汁に入れるとコクが増します。体にもいいといわれるスーパーフード酒粕で健康UP。

PR

最近の記事

2020年1月10日
鏡開きに 小豆
2020年1月07日
春の七草
2020年1月05日
祝! 初荷2020
2019年12月31日
大晦日 本日最終日!
2019年12月30日
早朝から全店営業中!
2019年12月27日
日本海から寒ブリ

過去のアーカイブ