ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報

鮮魚最新情報

2015年3月11日(水)

房州生ひじきも新物

千葉県の誇るブランド水産の一つが房州ヒジキ。 その刈り取りが始まり、 生ヒジキが入荷しています。 房州独特の長ヒジキは、 香りも良く食感もいいのが特徴です。
2015年3月10日(火)

殻トリに春の気配

春は一挙にやってくるものですね。 大分、山口、愛媛とさまざまな方面からの 殻トリガイが入荷。 大きいもので、200グラムものも。 身もかなりふっくらとしています。
2015年3月09日(月)

キハダの魅力

昨日、宮崎県油津のキハダマグロを食べました。関東では、クロマグロがいちばん人気で、キハダは今一つ。 しかし、旬である今の時期のキハダは美味。 後口の香りのよさは格別です。
2015年3月08日(日)

生ホタル、富山内湾より

ホタルイカの入荷がパッとしませんが、 やはり季節ですねえ。 富山県内湾のホタルイカも入荷。 春には遠い今の時期、 生ホタルのしゃぶしゃぶは、 たれに一工夫、 お客様の喜ぶご馳走となります。
2015年3月07日(土)

イトヨリを春のグリルに

尾びれがスッと糸のように長く、 水中では糸をよるように見えることから 糸よりと命名されました。 上品で、うまみもあり、 ことにイタリアン等のグリルに最適。 春を迎え、けっこう入荷量が増えているようです。
2015年3月06日(金)

ホタルイカ解禁

富山湾産ホタルイカが解禁になって1週間。 滑り出しは、ボイルホタルで、1パック3,000円。 現在で、2,500円前後。 内湾物は、色つやもよく、いかにもうまそうですが、 価格もちょっと・・・・・・ あと少し、というところですね。
2015年3月02日(月)

ハタハタ品薄

例年ですと、この時期は島根県からのハタハタが入荷。 手ごろな価格で、東京にもすっかり定着したようですが、 本年は、入荷が薄いようです。 時化が影響しているのかもしれませんが、 残念なことです。
2015年2月18日(水)

ヤリイカ、買い頃

ヤリイカがだいぶこなれた値段になってきました。子持ちの小振りイカは、卵も大きくなり、買い頃。また刺身におすすめの活けのヤリイカも多く見かけるようになっています。
2015年2月16日(月)

サクラマス、故郷へ

長い航海を終えたサクラマスが、故郷の川を 昇るために近海にやってきました。 川を昇る前のサクラマスは体力充実。 脂がのっています。 というわけで、今がもっともおいしい時期。 木の芽焼き、ルイベ、ムニエルなど 春らしい味わいをどうぞ。
2015年2月15日(日)

ホタルイカ、今ひとつ

例年ですと、兵庫県からのボイルホタルイカが 店頭にけっこう並びますが、今年は今一つ。 大荒れの海の影響もありますが、 漁も薄いようです。地物と呼んでいる 富山県のホタルイカの解禁は3月。 それを期待したいものです。
立春を過ぎれば、鮮魚の店頭は春の気配濃厚。旬と言えば、シラウオもそのひとつ。漁獲量では青森県がダントツで、暮れから入荷が始まっていますが、この時期の逸品ものといえば宍道湖産のシラウオ。魚体はやや大きめ、何とも言えないほのかな甘みがあるのが特徴です。
2015年2月03日(火)

春子で季節を先取り

チダイやマダイの子、春子。この魚だけは、漢字で書きたくなります。味は淡く、骨抜きなどの手間がかかるために敬遠されがちですが、皮目の色はまさに桜色。春のすしには欠かせぬ魚。茨城県などから、入荷しています。
2015年2月02日(月)

いよいよナメタが全盛

仙台はじめ、東北地方では年取り魚として人気のあるナメタガレイは、今が旬。脂がのり、身も厚く、年末の最需要期に比べるとかなり安め。煮つけにいかがでしょう。青森県や岩手県から豊富に入荷しています。
2015年2月01日(日)

メダイは焼き物に有望

以前は持ちのいい白身としてよく使われたメダイ。歩留まりもよく、醤油を吸いやすい、クセがない。そこらも重宝されたようです。現在、寿司ダネとしてはあまり使われていませんが、和洋を問わず、焼き物には重要アイテム。価格も、かなりお手頃です。
2015年1月29日(木)

芽カブ、新モノ到来

ワカメ収穫の季節。伊豆の方から新の生ワカメが入荷しています。そして、付随物としての芽カブ。さっとゆでると若緑色。これがやってくると春が来た、という感じです。
2015年1月26日(月)

クロムツは南から

銚子など近海からの入荷は、まだのようですが、クロムツも春を告げる魚の一つ。長崎県を中心として愛媛県などの四国からも入荷。 1キロアップとなると、値段もキロ3500円以上となかなかのものです。
2015年1月25日(日)

春トビ、ハマトビウオ

春を呼ぶ魚の一つが、トビウオ。トビウオには3種あり、今の時期はハマトビウオ、通称春トビとかオオトビと呼ばれるトビウオ中、最大クラスのものです。本日、入手したのは屋久島からのもの。500グラムアップ。歩留りもいいので、数人分のたたきができそうです。
2015年1月24日(土)

走りのホタルイカ

まだ小指の先ほどの小さいサイズですが、ボイルホタルイカが入荷しました。本格的になるのは、例年ですと2月半ば。今は走りの繊細なお味です。
2015年1月23日(金)

見事、寒サワラ

瀬戸内海では、サワラは春の魚。 関東には寒サワラの名があり、今がその時期。 銚子からの3キロアップの すばらしいサワラに出会いました。 刺身よし、軽く昆布締めよし。 炙りもいいですね。
2015年1月22日(木)

ヤリイカ・そろそろ子持ち

青森県鰺ヶ沢などからの子持ちヤリイカの入荷が始まりました。今のところ、箱の仕立ては、子持ちとないもの、ばらばらですが、来月に入ると充実するでしょう。

PR