ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報

鮮魚最新情報

2015年4月15日(水)

ツメシャコも!

なまのゆでシャコが入荷。ツメシャコもあるのは、今の時期ならでは。価格は、昨年なみというところでしょうか。
2015年4月13日(月)

マアジ、東京湾も旬

釣キチが、横浜沖で釣ってきたマアジを届けてくれました。 魚体は厚みがあり、皮をはぐと銀に輝く脂肪層。 東京湾のマアジも、そろそろ旬に入ったようです。 主流となるのは、三重県や長崎県産ですが、 先週あたりから値段の方も、だいぶこなれてきました。
2015年4月01日(水)

いよいよ解禁、サクラエビ

静岡県の由比、大井川港では、いよいよ春のサクラエビ漁解禁。29日の初水揚げは、両港合わせて1トンほど。 水温があがるにつれ、漁獲量は増えていき、ピークとなるのは5月。例年、漁は6月ごろまで続きます。
2015年3月31日(火)

釣りサワラも旬

生育海域が東北あたりまで伸び、 季節感が若干、薄れた感もありますが、 やはり今が旬を感じさせる時期。 宮崎県、三重県、愛媛県などから、 釣りの上ものが入荷しています。
2015年3月30日(月)

マダイ、ピークに

なんだかだ言っても、やはり桜の季節に合わせてマダイ好調。すでに卵を持ち始めたものもありますが、脂のノリは今がピーク、というところでしょう。
2015年3月29日(日)

横須賀物のサヨリ

旬のサヨリ。 このところ定期的に横須賀物が入荷。 他産地に較べると、さすが江戸前、 若干高めですが、 モノはなかなかです。
2015年3月28日(土)

ホヤのはじまり

青森県から天然のホヤ入荷。あっという間に東京も花見まっ盛りに。夏に向けて、そろそろホヤも解禁というところでしょうか。
2015年3月23日(月)

マアジ豊漁に

少し前、マアジが減少していることがワイドニュースショーなどにさかんに取り上げられました。おかげで、河岸の食堂ではアジフライが大人気だとか。 そのマアジですが、日本海側では2月以降、順調な漁があり、3月は前年度超えの豊漁。気温が上昇する今後が、さらに期待されます。 >
2015年3月16日(月)

ホタテにみる買負け現象

先日、NHKの番組で、中国の牛肉輸入が増えて、日本の業者が苦戦していることが報道されました。牛肉だけでなく、実は国産の魚介類も似た現象が起きています。 国産でまかなえ、手ごろな値段で買えたホタテガイですが、中国への輸出が増えて、このところ高騰。築地値段より中国が提示する値段のほうが高いのです。 国内で十分に獲れているのに食べられなくなる、そんな現実がやってくるのでしょうか。
2015年3月12日(木)

ホタル、値頃に

あんなに高い、となげいていた内湾のホタルイカ。 今週に入って、生、ボイルともにいきなり半額近くにダウン。 お求め安くなりました。
2015年3月11日(水)

房州生ひじきも新物

千葉県の誇るブランド水産の一つが房州ヒジキ。 その刈り取りが始まり、 生ヒジキが入荷しています。 房州独特の長ヒジキは、 香りも良く食感もいいのが特徴です。
2015年3月10日(火)

殻トリに春の気配

春は一挙にやってくるものですね。 大分、山口、愛媛とさまざまな方面からの 殻トリガイが入荷。 大きいもので、200グラムものも。 身もかなりふっくらとしています。
2015年3月09日(月)

キハダの魅力

昨日、宮崎県油津のキハダマグロを食べました。関東では、クロマグロがいちばん人気で、キハダは今一つ。 しかし、旬である今の時期のキハダは美味。 後口の香りのよさは格別です。
2015年3月08日(日)

生ホタル、富山内湾より

ホタルイカの入荷がパッとしませんが、 やはり季節ですねえ。 富山県内湾のホタルイカも入荷。 春には遠い今の時期、 生ホタルのしゃぶしゃぶは、 たれに一工夫、 お客様の喜ぶご馳走となります。
2015年3月07日(土)

イトヨリを春のグリルに

尾びれがスッと糸のように長く、 水中では糸をよるように見えることから 糸よりと命名されました。 上品で、うまみもあり、 ことにイタリアン等のグリルに最適。 春を迎え、けっこう入荷量が増えているようです。
2015年3月06日(金)

ホタルイカ解禁

富山湾産ホタルイカが解禁になって1週間。 滑り出しは、ボイルホタルで、1パック3,000円。 現在で、2,500円前後。 内湾物は、色つやもよく、いかにもうまそうですが、 価格もちょっと・・・・・・ あと少し、というところですね。
2015年3月02日(月)

ハタハタ品薄

例年ですと、この時期は島根県からのハタハタが入荷。 手ごろな価格で、東京にもすっかり定着したようですが、 本年は、入荷が薄いようです。 時化が影響しているのかもしれませんが、 残念なことです。
2015年2月18日(水)

ヤリイカ、買い頃

ヤリイカがだいぶこなれた値段になってきました。子持ちの小振りイカは、卵も大きくなり、買い頃。また刺身におすすめの活けのヤリイカも多く見かけるようになっています。
2015年2月16日(月)

サクラマス、故郷へ

長い航海を終えたサクラマスが、故郷の川を 昇るために近海にやってきました。 川を昇る前のサクラマスは体力充実。 脂がのっています。 というわけで、今がもっともおいしい時期。 木の芽焼き、ルイベ、ムニエルなど 春らしい味わいをどうぞ。
2015年2月15日(日)

ホタルイカ、今ひとつ

例年ですと、兵庫県からのボイルホタルイカが 店頭にけっこう並びますが、今年は今一つ。 大荒れの海の影響もありますが、 漁も薄いようです。地物と呼んでいる 富山県のホタルイカの解禁は3月。 それを期待したいものです。

PR