ホーム /  業務筋情報 / とれたて築地食材情報 / 2019年12月

とれたて築地食材情報

2019年12月31日(火)

大晦日 本日最終日!

2019.12.31.jpgお正月商材 売り切れご免で営業中です。

2019年12月30日(月)

早朝から全店営業中!

2019.12.30.2.jpgまだまだおすすめ商品揃っています! 

今年も残すところあと2日。

今年最後のお買い物は築地で!

                           

2019.12.30.3.jpg       

2019年12月29日(日)

本日 臨時営業日!!  

2019.12.29.jpg選りすぐりのお正月商材が勢ぞろい!!

蒲鉾、栗きんとん、伊達巻、玉子焼き、エビ、カニ、マグロ・・・などなど

年末の買い出しは、やっぱり築地! 

              2019.12.29.3.jpg

2019.12.28カニ.jpg冷凍カニ各種勢ぞろいです。価格は、サイズや産地、生冷凍にボイル冷凍なとで変わりますが、いい物から売れてゆくのが築地です。

ヤマト運輸からのチルド発送が可能です。たっぷりお買い物して、帰りは手ぶら♪

2019年12月27日(金)

日本海から寒ブリ

2019.12.26ブリ.jpg西日本の方が年末に欠かせない魚といえば鰤(ブリ)。今年も氷見産のプリっぷりの寒ブリが入荷しています!

2019.12.24蒲鉾2.JPG蒲鉾、伊達巻、黒豆、栗きんとん・・・今年もお手頃価格から高級品まで各種そろっております。希少なレア商品から売れてゆくのでお買い物はお早目に。 

 

2019年12月24日(火)

テリテリ ローストチキン

2019.12.24 チキン.jpg築地で売っているのは魚でしょ。と思ったら大間違い! クリスマスですからおいしいローストチキンだってありますよ~。鳥藤で数量限定で販売中です♪  

2019年12月23日(月)

まるごと一本大人買い 塩鮭

2019.12.24鮭.jpg塩鮭がゴロゴロ並ぶ様子は、築地の年末の風物詩。景気よく一本買いはいかがですか? 保存が効くし、友達やご近所さんとシェアするのもいいですね。お店にお願いすると切ってくれますよ。

2019年12月22日(日)

希少な味 干し数の子 

2019.12.22.数の子乾燥.jpg「昔はこれだったのよ~」と乾物屋の女将が見せてくれた干し数の子。よく見掛けるのは塩漬けですが、以前は干した物も多かったそうです。 市場では、年に一度だけ干し数の子のセリがおこなわれ、この時期に乾物店に並びます。木の蓋に稲穂と寿の文字。贈答用にも使われます。

「最近の人は食べ方知らないからね~」といって、店の奥から水で戻した数の子を持ってきてくれました。少し茶色いのは無漂白だから。水に浸すと倍以上の大きさになり、コリコリとした食感があります。この味に慣れている人は、これでないとダメだそうです。そのまま鰹節をかけるだけでおいしいです。

2019.12.22 数の子戻し.jpg

2019年12月20日(金)

そろそろ買い時 スルメイカ

2019.12.22. スルメ.jpgここ数年イカが不漁。そのためスルメイカも高くなっています。ランクによって価格もさまざまですが、お正月用ならいい物を選びたいもの。日持ちするスルメイカは、品揃えが豊富な今が買い時です。

2019年12月18日(水)

手軽で豪華 煮アワビの瓶詰

2019.12.22 アワビ小.jpgこれだけを買いに築地に来る方もいるほど人気の「煮アワビの瓶詰」。おせにちょっと入っているだけで、ランクが上がる魔法の逸品です。残った汁に、お酒や出汁を加えて炊いたご飯は、料亭の味です。

2019年12月17日(火)

数の子ずらり

2019.12.22 数の子.jpg国産、無漂白、崩れ、贈答用、味付け済、サクサク派、コリコリ派など、数の子の好みは幅広い。クリスマス頃までは種類も豊富で、ゆっくりじっくり選べます。幻の数の子といわれる「にぎりっ子」もまだまだありますよ。

2019年12月16日(月)

いろどり満開 オードブル

蒲鉾.jpg見ているだけでもハッピー気分になれるオードブル。 切って並べるだけでの手軽さが人気です。魚のすり身、チーズやベーコン、野菜ペーストなども入って、一口ごとに変わる味を楽しめます。

2019年12月14日(土)

おめでたさ全開 金の卵

2019.12.13.jpg金ピカのパッケージが目を引くこちらは、卵の燻製。来年まで日持ちがするので、お年賀やお祝い用に人気。ちなみに「寿」という文字の箱もあるそうです。築地魚河岸小田原橋棟へ移転した新海商事で販売しています。

2019年12月12日(木)

こんな物もあります ウニの殻

2019.12.12.jpg12月も中旬になると、お正月商材だけでなく、普段あまり見掛けない商品も目につくようになります。築地魚河岸で見つけたこちらのウニ。身は入っていませんが売り物です。日本料理店などで、ウニを綺麗に盛り付けるときに使うそうです。

2019年12月09日(月)

卵が美味 雌ズワイガニ

2019.12.9.jpgここ10年ぐらいで人気がグンと上がった雌ズワイガニ。セイコとかコウバコとも呼ばれてます。最近では漁獲制限がかかり価格は毎年上がっています。この時期からクリスマス頃までが入荷のピーク。オスの10分の1程の大きさがですが立派な大人です。

2019年12月07日(土)

ヒラスズキ

2019.12.07.JPGこれからの寒い時期がおいしいヒラスズキ。関東ではあまり流通していませんが、きれいな白身で臭みもないのが特徴です。刺身や蒸しなどにおすすめです。

2019.12.5.JPG本場秋田の味のきりたんぽ鍋を作るのに、欠かせないのが根付きのセリです。根っこも入れることで、味に深みと風味が加わり、グッと美味しくなります。

PR

最近の記事

2020年1月10日
鏡開きに 小豆
2020年1月07日
春の七草
2020年1月05日
祝! 初荷2020
2019年12月31日
大晦日 本日最終日!
2019年12月30日
早朝から全店営業中!
2019年12月27日
日本海から寒ブリ

過去のアーカイブ