ホーム /  業務筋情報 / とれたて築地食材情報 / 2019年11月

とれたて築地食材情報

2019年11月16日(土)

そのひと手間で光る味 コハダ

2019.11.12-3.jpg

シンコ、コハダ、コノシロと呼び方が変わる魚ですが、寿司一貫に一尾ぐらいのサイズがコハダです。脂の具合や大きさによって、微妙に変える酢締めの加減が、コハダを調理する面白さです。

2019年11月14日(木)

サッと湯通しトロトロ 白子

2019.11.16-1.jpg白子の見分け方は、なるべく身がつまり形がしっかりしていること。よく洗って、白子をつないでいる筋を切り落とし、あとは熱湯にサッと通して氷水に通すだけ。ポイントは加熱し過ぎないこと。口の中でトロトロっと溶けていく食感はたまりません。

2019年11月11日(月)

美しい白身 オナガダイ

2019.11.12-2.jpg艶やかな赤い色と、すらっと伸びる尾が特徴のオナガダイ。産地として知られているのが鹿児島周辺。白身魚の中でも日持ちすることから寿司店で重宝されるそうです。

2019年11月03日(日)

岩のようですが

11.3.jpgこちらの茶色いゴツゴツは全て海老です。右奥の岩のようなのが特大セミエビ、その手前が伊勢海老、左下がゾウリエビです。すべて高知の海でとれたもの。連休中も高知家のお店は営業しています。珍しい海老の味比べいかがですか。

PR

過去のアーカイブ