ホーム /  業務筋情報 / とれたて築地食材情報 / 2019年8月

とれたて築地食材情報

2019年8月13日(火)

お客様目線のサービス

2019.8.13.jpg生マグロを手にしたお客さんが「明日使うんだけど・・・」とポツリというと、「だったら真空パックにしてあげる」と、保存シートに包みなおして空気をピッチリ抜いてました。とこれぞ築地の相対サービスです。

明日から築地魚河岸も3連休。仕入れのお客様で賑わう中、美味しいマグロを食べてもらいたいという気持ちが丁寧な仕事に表れていました。

2019年8月08日(木)

夏の寿司ネタ シンコ

2019.8.8.jpg夏のわずかな時期だけ入荷するシンコは、江戸前寿司の夏の主役ともいわれます。小さなシンコを開くのは腕利きの寿司職人でも難儀なこと。「開いたらすぐに売れたよ」と渡辺商店のさばきの名人。売るだけではなく料理人のサポートもお店の仕事です。

2019年8月06日(火)

大粒 落花生

2019.8.6.jpgこの時期としてはまだ走りの落花生。写真ではわかりづらいですが、普通の落花生の1回り以上の大きさがある品種「おおまさり」。塩ゆですると実がホクホクして甘味もよく感じられます。茹で方のポイントは中火で30分じっくり時間をかけること。日持ちがしないので冷蔵庫で保管し、2~3日で食べきりましょう。 

2019年8月05日(月)

とれたてホヤホヤ むき身ホヤ

2019.8.5.JPGすぐに食べられる手軽さがうれしいホヤの塩水パック。宮城の豊かなで海じっくり育った四年物。刺身、酢の物、炊き込みご飯もおすすめです。プリプリとした食感と、口いっぱいに広がるホヤの風味はたまりません。いまが旬です。

2019年8月02日(金)

つやつや美肌 美~ナス

2019.8.2.jpg涼しげな翡翠色のナス「美(び)~なす」は、アクが少なく、甘味が強いのが特徴です。 加熱すると身がとろ~っととろけます。おすすめは焼きナスや素揚げ。甘さがあるので、ジェラートやロールケーキにも使用されています。このぽってりとした姿と、日焼け知らずの美肌はまさに女神です。

PR

最近の記事

2019年8月06日
大粒 落花生
2019年7月12日
ウナギ蒲焼

過去のアーカイブ