ホーム /  業務筋情報 / とれたて築地食材情報 / 2019年6月

とれたて築地食材情報

2019年6月14日(金)

箱ウニ選び

2019.6.14.jpg一箱2,000円~1万円超えも当たり前のウニ。身が溶けないように使われているミョウバンの加減が味を左右します。高い=美味しい  という考え方もありますが、予算もありますよね。ウニの目利きは見た目では分かりづらいので、お店で聞くのが一番です。

2019年6月08日(土)

新サンマ 入荷

2019.6.8.jpg鮮魚店の目立つところに「新サンマ」登場。まだ小ぶりですが、そこは初物ですから気になります。輸送状況がよくなってからサンマの刺身も当たり前になりました。さて、今年は何尾食べるかな。

2019年6月07日(金)

毎日食べて 煎り大豆

2019.6.7.jpgテレビで取り上げられてから人気急上昇中の煎り大豆。節分の時しか食べないなんてもったいない。お茶請けはもちろん、水に浸してからスープに入れれば栄養満点の具になります。豆専門店の煎り大豆は、豆の味がしっかりして香ばしい。

2019年6月04日(火)

究極のアジ

2019.6.4.jpg超有名ブランド魚 関アジ。一本釣りしてすぐに活〆。購入時についてくるQRコードで出荷日が確認できるという徹底ぶり。こうした商品管理も価値を上げています。「刺身で食べたい」そう思わせる貫禄があります。

2019年6月03日(月)

漬けてみて 新ショウガ

2019.6.3.jpg新ショウガといえば甘酢漬け(ガリ)。こだわりのお寿司屋さんは、この時期まとめて仕入れて漬けます。手作りのガリは風味豊かで食感もよし。このタイミングを過ぎてしまうと、ショウガの繊維が強くなってしまって甘酢漬けには不向き。手作りするなら今ですよ。

PR

最近の記事

2019年6月14日
箱ウニ選び
2019年6月08日
新サンマ 入荷
2019年6月04日
究極のアジ
2019年5月31日
朝どれ アオアジ
2019年5月30日
初夏のネタ シャコ
2019年5月28日
ピリリと山椒の実

過去のアーカイブ