ホーム /  業務筋情報 / とれたて築地食材情報 / 2019年4月

とれたて築地食材情報

2019年4月18日(木)

和食で使うなら ホワイトエビ

2019.4.18.jpgキレイに並ぶ天然ホワイトエビ。上品な甘みがあるので、天ぷらでよく使われています。クセが無いのでエビフライ、炒め物、エビチリなど、どんな料理でも使えます。

2019年4月16日(火)

アジの三ツ星ブランド 

2019.4.16.jpgお店で、この鯵はまちがいないよ! とすすめられた宮崎県めいつ産の「美々鯵(ビビアジ)」。通常のアジは脂質が3.5%程のところ、こちらのアジは7%以上あり、うま味があるものを厳選。さらに、鮮度が保つよう輸送にもこだわっているため、市場での評価が高いとか。鮮度・脂・品質、三拍子そろった三ツ星アジです。

2019.4.15.jpgこの時期のマッシュルームはとにかく大きい! 輸入物もありますが、日本一の生産地は千葉県。ブラウンマッシュ―ルのほうが香り高いといわれ、サラダ、炒め物、煮物、スープ、大きいサイズなら肉詰めもおすすめです。

2019年4月13日(土)

幻の味 黄金ガニ

2019.4.13.jpg今日の新潟中央水産はカニ、カニ、カニ!イチオシは幻のカニといわれる「黄金ガニ」。見た目は紅ズワイガニとよく似ていますが、サイズが大きく、身がぎっしりでジューシー、味噌も濃厚です。今日を逃したらいつ入荷するか分からないといか。売り切れ御免! 

2019年4月11日(木)

そろそろ終わり カキ

2019.4.12.jpgサヨリやタイのとなりで、肩身が狭そうに並んでいるカキ。そろそろ終わりではありますが、身がぷっくりしていて価格も手頃。今シーズンの食べ納めにいかがですか。ゴールデンウィーク前まです。

2019年4月09日(火)

最盛期 タケノコ

2019.4.9.jpgいまが最盛期の京都産のタケノコ。不安定な天候の影響か例年より細め。タケノコは収獲しなければあっという間に竹に成長してしまうので、太くなるまで待てません。気温の上昇と合わせて値段も上がりそうとのこと。このあと茨城産が入荷します。

2019年4月08日(月)

健康ブームに乗って えごま油

2019.4.8.jpg10年程前にバナナが体にいいと話題になったとき、築地のバナナが売り切れたとことがありました。最近の話題は荏胡麻油(えごまあぶら)。取り扱っている北島商店でも売れ筋商品とか。さて次に来るブームはなんでしょうか。

2019年4月06日(土)

おつまみパラダイス

2019.4.6.jpg燻製いか、いわしせんべい、スルメイカ・・・お酒好きが喜ぶおつまみも種類豊富。築地の乾物屋さんはおつまみパラダイス。お花見も終盤、築地で買い物しで出掛けましょ♪

2019年4月05日(金)

富山の宝石 シロエビ

2019.4.5.jpg今月解禁されたシロエビ。昨年と比べて入荷は順調。素揚げやかき揚げが一般的ですが、丁寧に殻をとったお刺身も格別です。水揚げ直後のシロエビは透明感があり、キラキラとした美しさから「富山湾の宝石」とも呼ばれています。入荷は6月頃まで続きます。

2019年4月04日(木)

生食できます網代のサクラマス

2019.4.4.jpg網代沖で養殖されたサクラマス。天然と違って刺身で食べられるのが嬉しいところ。バター焼き、カルパッチョ、パスタなどにも使えて、オレンジ色の身は料理を春色にしてくれます。一尾でも半身でも販売。今月いっぱい網代漁港の店頭に並びます。

2019年4月02日(火)

さわやか色 乾物枝豆

2019.4.2.jpgうっすら緑色の乾物枝豆。水で戻して柔らかくしたあとは、サラダに入れたりバターしょう油で炒めたり、ペースト状にしてスープもおすすめ。 余ったら冷凍保存もOK。 いろいろな料理で使うならちょっと硬めに戻すのがポイントです。

PR

過去のアーカイブ