ホーム /  業務筋情報 / とれたて築地食材情報 / 2018年6月

とれたて築地食材情報

2018年6月16日(土)

最盛期 サクランボ

甘酸っぱい初夏の味 サクランボ。日本一の出荷量を誇る山形県東根市の「佐藤錦」は、露地物が出はじめ、来週には出荷のピークをむかえます。昨年よりも、粒が大きめで食べ応えがあります。

2018年6月14日(木)

まだ イワシ

ひと雨ごとに魚が変わる梅雨。

そろそろいいアジが入ってくる頃ですが、今年はちょっと足踏み。

アジがはじまる前のイワシが安定しています。

産地は日によってさまざま、気まぐれ天気におまかせです。

2018年6月11日(月)

今年は回復 ベビーホタテ

青森県陸奥湾の帆立の稚貝、ベビーホタテが好調。

サイズ・品質・味、全てよし。昨年は過去最高の高値を記録しましたが、今年は落ち着いています。

ベビーホタテは、さまざまなメニューにも取り入れやすいので、季節限定メニューとしてもおすすめ。養殖帆立を間引きするこの時期だけの味です。

2018年6月07日(木)

そろそろ今年も 梅仕事

梅雨入りのころにお目見えするのが梅。

果肉がやわらかく皮が薄いのが和歌山 南高梅。

関東で多くつくられている白加賀梅は、肉厚で繊維が少なめ。

今年のできは例年通り。入荷はあと2週間ほどです。

梅干し、梅酒、梅シロップ...梅選びから楽しみましょう。

2018年6月02日(土)

はじまりました 天然アユ

別名 香魚とも呼ばれ、キュウリのような香りがするアユ。
目利きのポイントは、ヒレがしっかりしていて、皮に透明感があり目が澄んでいること。
夏の訪れを知らせる魚ですが、まだまだ高値。
ちなみに中国で鮎はナマズのことだそうです。

PR

最近の記事

2018年6月16日
最盛期 サクランボ
2018年6月14日
まだ イワシ
2018年5月28日
人気上昇中 シラス
2018年5月19日
むきシャコ
2018年5月18日
夏の香り アユ
2018年5月11日
皮付き ヤングコーン

過去のアーカイブ