ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報 / 山治さんの挑戦

鮮魚最新情報

2017年9月11日(月)

山治さんの挑戦

「築地魚河岸」の山治さんは、言わずと知れた仲卸の雄である。

一年を通して自ら仲卸店舗に立ち、トレードマークの長靴・タオルハチマキ姿で、日々セリ落とす魚を睨み、職人たちの陣頭指揮に立つ。

自社ですでに世界15カ国との取引を進める山崎社長は、現在、築地市場仲卸国際市場間取引協議会の会長も務め、7日にはタイの市場関係者を招いての研修を開始した。山崎氏は、築地で培われた職人の技こそ「築地ブランド」であると語る。海外の研修生に技を伝えていくことで、現地の日本食レストランなどが本格的な日本食を提供できるようにと、自ら包丁を握り、魚を捌いて、研修生たちにノウハウを伝授する。

仲卸と世界各国の市場の取引の拡大を目指し、持ち前のバイタリティーと絶やさぬ笑顔で、世界を見据えている。

PR

過去のアーカイブ