ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報 / 2017年8月

鮮魚最新情報

2017年8月21日(月)

サンマいよいよ本格化

19日に根室・花咲港を訪ねた。

翌20日から100トン以上の棒受網船が出航するとあって、漁船が並んで停泊するさまは壮観である。

いよいよサンマ漁が本格化する。

8月下旬の主漁場は色丹島〜ウルップ島沖とのこと。

8月中旬、築地では品薄のサンマより潤沢な大型イワシに注目が集まっていたが、

いよいよサンマ、主役の座を取り返すか?

 

2017年8月18日(金)

網代定置網の注目ヒラマサ

猛暑の後の不安定な天候は、水温にも影響。

ただし、場外(漁港棟)の網代定置網ではこんなときこそ「ヒラマサがお薦め」とのこと。

天然を漁獲して畜養しており、取れ高に波がないため相場を安定させている。

2kg〜10kg台まで、目方が選べるので、使い勝手が良い。

刺身にはもちろん、ランチ・定食・仕出し用には小型の切身も人気である。

他に、水カマスの一夜干しも。こちらは網代の海水を使用している。

夏の干物の一押し、サッと焼き上げ、スダチを添えたい。

2017年8月15日(火)

長崎漁連の岩ガキ・剣先イカ

8月に入ってから天気が安定せず、鮮魚関連は値も上がり苦戦を強いられた。

場外(漁港棟)の長崎漁連も例外ではないが、岩ガキは今年も身が詰まって評価が高い。クリーミーな味わいで、粒も大きく、夏のメインとして仕入れる飲食店も多い。

剣先イカも同店の推しで、柔らかさ、甘みともに「東京ではなかなかお目にかかれない」と胸を張る。

最近、政府の「日本の国境に行こう!!」プロジェクトが始動し、長崎の壱岐対馬など島からの活魚を築地まで運ぶ「活魚ネットワーク事業」も展開するとのこと。

まだ具体的な魚種や日程は未定だが、今後の展開に期待したい。

2017年8月12日(土)

蟹倶楽部、すでに年末を視野に

お盆休みが過ぎれば、まだ猛暑は続くものの、気持ちはすでに年末へと向かう。

場外(漁港棟)の蟹倶楽部でも、活ガニを中心に年末を睨んでの品揃えを検討している。

釧路をはじめとする北海道の各漁港から直送便で、タラバ・毛ガニ・花咲ガニを三本柱に、早期のご相談は歓迎とのこと。

道産の魚介類も手配可能なので併せて見積を依頼することも可能だ

場外(漁港棟)の高地家は、高地の畜養本マグロの販売に力を入れている。

年間、天候などに左右されずに仕入が可能であることが強み。

9月までは冷凍が主で、秋以降は生も。

店頭では調理品の販売に力を入れているが、仕入のご相談は個別に応じている。

頬・目玉・頭などの稀少部位も入手できるとのこと。

2017年8月06日(日)

鰹節の和田久の奮闘

場外(共栄会ビル1階)の和田久社長がヨーロッパ進出にチャレンジしてから数年が経つ。

今年の波除祭に帰省した折の笑顔は印象的で、順調な展開が伺えた。

現在スペインで鰹節生産を手掛け、今や20カ国以上に花がつお月1万パック近くを納品する堅調ぶりだが、当初から展示会などでコツコツ販路を広げて来た結果である。

すでに次の展開を睨んでいるようで、だしパックは煮干し・サバ節など10アイテムを揃え、魚介類のみりん干し・味噌漬け、タコや生ハムの削り節など加工品の開発にも余念がない。

日本で欧州和田久の逆輸入製品を購入できる日も近いかも知れない

2017年8月03日(木)

8月3日の火災について

8月3日夕刻に発生した築地四丁目火災については、ご心配をおかけしております。

多数の皆様から御見舞や励ましのお言葉を頂戴し、ありがとうございます。

新大橋通り沿いを中心に延焼した店舗につきましては、各々事情は異なりますが、多くの店舗がすでに再建に向けて奮闘しております。

その他の場外市場各店舗につきましては、通常営業しており、鮮魚の仕入れ状況につきましても通常どおりでございます。

安心安全なまちづくりに一層力を入れるとともに、今後の再建につきましては、目処がつき次第、「これからの築地」でご報告させていただきますので、今暫くお待ち下さい。

PR

過去のアーカイブ