ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報 / 最近話題のスズキの瞬〆

鮮魚最新情報

2017年5月20日(土)

最近話題のスズキの瞬〆

千葉・船橋はスズキの水揚げ日本一を誇る。

このほど船橋の海光物産が、自社で活け〆したスズキを「瞬〆すずき」の名でFIP(漁業改善プロジェクト)に申請、国内初の対象種として認定された。

FIPは漁業の持続性向上をめざして漁業者と販売業者が協力して取得する。今回は西友が資金援助し同社の20店舗で発売する。

この瞬〆、築地でも評価は高い。

「1.5kg以上のスズキを電気ドリルで瞬時に〆る。血抜きされた魚は持ちがいい。まず身の色が違うよ。おろして10日〜2週間、熟成して旨味は増す。値も良いが納得の価格」

と、「築地魚河岸」施設の仲卸丸集さん。店を覗くたび、面白い話が聞ける。

PR

過去のアーカイブ