ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報 / 2017年2月

鮮魚最新情報

2017年2月15日(水)

キンメ不漁?いえ、大丈夫!

伊豆諸島近海の荒天の影響でキンメが高いとのTV報道。

築地魚河岸の樋栄さんに尋ねると

「大丈夫!千葉勝浦の400〜500gの小ぶりのものがリーズナブル」

煮付けや鍋などにおすすめ。

まぐろ仲卸の樋栄さんは、刺し身の盛り合わせも自慢。

3〜4点盛りのマグロは、天然近海の生です。

2017年2月12日(日)

ホタルイカは兵庫から

出始めのホタルは兵庫から。

2月上旬は、まだ肝も小さく値も高め。

これからが本番というところ。

「3月から、富山が来るから乞うご期待!」

と、築地魚河岸の丸集さん。

「春の魚といえば、サヨリ、メバル、ノレソレも...。

 そうだ、初鰹も来てるよ。今日は千葉勝浦から!」

1月の391キロ(釜石)に続き、築地で1年ぶりの400キロ超えの生クロマグロが入荷。

那智勝浦産は、築地入荷の数量は少ないが脂のノリが良く、

400キロ超えは、にぎりでなんと13,000カン以上とれるとのこと。

賢い冷凍魚活用術はギンヒラスで。

ギンダラ高騰に業を煮やし、漬魚にはギンヒラスが好評。

ニュージーランドから。

春以降、脂物が期待できるとのこと。

 

2017年2月03日(金)

春告魚ニシン登場

北海道からニシンの入荷あり、2月上旬は5年魚主体、続く4年魚は少なく、3年魚は多い見通し。

300g前後の鮮度の良いもので、お刺身を。

さらに塩焼き、煮付けと、楽しみ色々な春告魚。

ちなみに北海道は、今季アンコウが豊漁とのことである。

2017年2月01日(水)

機能性食品表示商品、続々と

機能性食品表示とは平成27年スタート、食品の機能性を表示できる制度で、消費者庁への届け出が必要。

ニッスイは、「一食分の野菜...」「一食分の食物繊維...」etc.のネーミングでレトルトスープ等の発売に余念がない。

それぞれ"中性脂肪を下げる" "記憶力を維持する"などの心惹かれる表示がされており、表示商品は今月38品に。

高齢社会の健康志向、商品開発がますます加熱。

PR