ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報 / 2016年11月

鮮魚最新情報

2016年11月17日(木)

「築地魚河岸」週末スタート

築地場外の業務用市場施設「築地魚河岸」が今週末19日よりスタートする。

入居店舗の内訳は、大物(20件)鮮魚(7)煉加工(3)合物(1)蛸(1)特殊物(10)北洋物(5)海老(3)鯨(1)青果物(8)。

皆様が日頃、場内での買い出しに利用されている馴染みの仲卸も出店するかもしれません。

買い回りの良さ等、中との併用で仕入れの利便性を高めていただけるはず。

・新施設概要

http://www.tsukiji.or.jp/forbiz/uogashi/

・既存の場外店舗と併せて御覧いただける店舗検索ページ

http://www.tsukiji.or.jp/search/shoplist/

ご活用ください。

関西で一足早く、11/8に棒ダラ一斉入札。

マダラの産地価格上昇、生産量減少により多少の高値で取引される見通し。

場外店頭に、冬の風物詩として吊るされる日も間近である。

セリ場に塩数の子の姿もちらほら。

いよいよ年末商戦の始まりである。

2016年11月11日(金)

〆鯖に金華サバ、出荷に期待

11月に始まる三陸沖でのサバ漁。

注目はなんといっても金華サ」。

お品書きに"金華"の一文字が入れば「おっ」と目を引くこと間違い無し。

初旬は1尾300g〜400gの中小サイズ中心だが、脂ののりはまずまずとのこと。

今年は水温が下がらず漁期が遅く、サバの本番はこれからである。

ズワイの便りを聞くと、いよいよ冬到来も間近である。

6日、日本海西部海域にて、底曳網漁船によるズワイガニ漁が解禁した。

7日には早くも築地に活ガニが入荷。

シケの影響で少量高値となったが、本番はこれから。

今日から鳥取・境港産が入荷となり、セリの結果が待たれるところ。

漁期はメス(セコガニ)が12/31まで。オス(松葉ガニ)は翌年3/20まで。

2016年11月05日(土)

サクラエビ秋漁、スタート好調

築地で、晩秋のサクラエビがお目見えする。
10月31日に静岡・駿河湾で秋漁がスタート。
由比と大井川、両港での水揚げはまずまずであったとのことから、今季に期待が寄せられる。 もっとも11月20日過ぎてからが本格シーズン。
最近、久々の明るいニュースである。

11月2日(水)〜8日(火)まで、日本橋高島屋地下1階に、築地の銘店が出店します。
東京の台所ならではの美味を、この機会にご賞味ください。
出展店舗は、築地 鳥藤・近江屋牛肉店・紀文・築地中彦・つきぢ松露・築地寿司清・築地 鯨の登美粋・佃權です。

商談のきっかけにも、ご利用ください。

PR