ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報 / 2016年6月

鮮魚最新情報

2016年6月30日(木)

土用丑の日まであとひと月

今年の土用丑の日は7月30日、あとちょうどひと月後ですから、メニューに加えるなら、そろそろ考えどき。 国産は今年も高値で仕入れの決意も鈍りがち。 中国産をていねいに蒸しあげて使うか、迷うところです。
2016年6月29日(水)

刺身はシイラで意表をつく

場外の網代定置網で、連日シイラがお目見え。どんな業者が仕入れているのか尋ねれば、意外にも、和食関係。鮮度が良く生食をお勧めしているとのことで、刺身に。 チャレンジするなら、小分けも販売しています。
2016年6月28日(火)

長崎からカツオ

梅雨時は、ミョウガ・ショウガで薬味に一工夫して、カツオの刺身が好評です。長崎漁連にて、一本釣りのカツオを購入。中型で、ころっと太って、お買い得感あり。 7月もしばらく続くとのことです。
2016年6月14日(火)

鮮度の良いエボダイ

エボダイは、もちろん塩焼きやバター焼きが 一般的ですが、鮮度がよければ刺身もおすすめ。 コハダの酢締めの方程式で、 軽く締めると特有な香りもまろやかになり 食べやすくなります。
2016年6月12日(日)

マアジ、九州からも

先日は場外漁港棟の新潟店舗で、丸々と太ったアジを衝動買いしてしまいました。 シーズンに入って以来、釣り・巻き網ともに好調で, 脂ののりよく、プリプリと身に弾力があります。 6月半ばは、長崎、大分(豊後水道)などから安定的に入荷しています。
2016年6月09日(木)

キスは昆布で〆て

キスが旬。 このところ、江戸前ものの入荷も順調なようです。 産地が近いので、鮮度の良さも売り。 昆布締めにいいサイズのものも入荷しています。
2016年6月06日(月)

初夏のタカベ

タカベの入荷がさかんになってきました。 やはり塩焼きでしょうか。 葱や味噌を上手に使って、魚の味を引き立てるのも一手。 脂もかなりのっています。
2016年6月03日(金)

ホヤをサラダに!?

海鞘と書いてホヤ。 お品書きに漢字を併記するのも、話題が広がって楽しいものです。 さて、刺身、酢の物などに、暑くなると思い出すのがホヤですが、 最近はサラダに使うなど用途が広がっている様子。 宮城県、北海道などから順調に入荷しています。
2016年6月01日(水)

ウニ、北海道が本番

春先は、羽立、橘などブランドウニは、1箱4万円5万円の世界。 ロシア産など輸入物の、中から下にかけての価格帯が使いやすかったと思います。これからは、北海道が本番となり、価格もこなれてきます。 産地は礼文、利尻などです。

PR