ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報 / 2015年10月

鮮魚最新情報

2015年10月21日(水)

塩辛、作るなら今!

日本海北上のスルメイカ。肝が大きく脂ものって、塩辛に最高の季節になりました。
2015年10月20日(火)

関東マサバ絶好調

秋サバの名のとおり、全国からサバが入荷。関東のブランドサバも、脂がのり、絶好調。お手頃の価格というなら千葉県産や長崎県産。 近年は、しめさばの場合、1晩、冷凍するのが常識になっているようです。
2015年10月12日(月)

三陸の生ガキ

今年の三陸のカキは、盆過ぎから海が冷えたこともあり、身の成長がよく、なかなかのできです。先週の終わりからは、宮城県の剝き生ガキの 入荷も始まりました。値段は、昨年より若干高めですが、出来のよさで、差し引きすれば、と言うところでしょう。
2015年10月04日(日)

カラスミ作りに挑戦

カラスミの原料となるボラの子入荷。 数年前の千葉県産は、腹から出すときの処理も やや未熟でしたが、 今は他県産ともひけをとらない出来です。 千葉県産で1万円アップ。長崎県産は、色は感心しませんが、 1万円以下もかなり見かけました。
2015年10月03日(土)

牡蠣が解禁に!

冬のムキガキが10月1日に解禁。例年通り、岩手県産が一番乗りで、昨年に比べて全体的に身が大きく、値段も1~2割安いように感じました。 赤崎、広田などの大粒はキロ6500円以上ですが、さすがのできで、初日と言う事もあり、けっこう出ているようでした。
2015年10月02日(金)

鮭・白子

秋鮭入荷が本番となりました。筋子はもちろんですが、ここ数年、居酒屋さんを中心に人気のあるのが白子。 こちらも本格的に出回るようになりました。
2015年10月01日(木)

マダラ・白子

商材が本格化する10月。まだ淡いピンク色で、脂ののりも薄いのですが、マダラ白子も目につくようになりました。マダラ自体は、使いやすい無塩のフィレも 潤沢に出回っています。

PR