ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報 / 2015年6月

鮮魚最新情報

2015年6月17日(水)

解凍サンマのお得感

シーズン始まり前にどっと出回るのが生の解凍サンマ。 脂がのったものを冷凍しているので塩焼きには十分。 シーズン始まりの脂が少ない時期は、かえって解凍サンマのほうが喜ばれるくらいです。
2015年6月16日(火)

ハモ、関東に定着

梅雨に入って入荷が増してきたハモ。 京都の祇園祭や大阪天神祭が始まると 相場は祭に引っ張られて高くなりますが、 今のところはまだまだ落ち着いた値段。 最近は、産地で骨切りしたものも多く出回っています。
2015年6月15日(月)

シンコ、間もなく

もっとも築地らしい魚がシンコかもしれません。全国の市場、シンコで騒ぐのは築地市場だけですから。今年も、そのシンコが始まりました。 昨年は、最高値9万円までいきましたが、今年は7万円でした。相場がほどほどになるのは、7月に入ってからでしょう。
2015年6月02日(火)

サメの心臓

宮城県気仙沼市は、サメの水揚げ日本一。 内臓料理もいろいろとあるようで、自慢の一つがサメの心臓部を使った料理です。 鮮度がよければ刺身、そのほか煮たり焼いたり、揚げてもよし。 気仙沼市から、このサメの心臓、入荷しています。
2015年6月01日(月)

天然ヒラマサ入荷

ブリの兄弟ですが、身の締り、味の深さはブリ以上という評価も。養殖物が広く浸透していますが、宮城県や島根県から釣りや定置の天然物が入荷しています。

PR