ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報 / 2014年5月

鮮魚最新情報

2014年5月25日(日)

入梅アジとは...

年中、入荷のあるアジですが、梅雨を前に脂ものり、皮をはぐと、銀色の脂が輝いています。入梅アジとはよくいったもの。もちろん、値段のほうも、こなれてきました。
2014年5月24日(土)

小柴のシャコ

江戸前シャコの代名詞となっている小柴のシャコが2週間前から入荷。甘みを感じるその味といい、食感といいやはりすばらしいものがあります。入荷量が少ないので店頭にはなかなか登場しませんが、たまには逸品ものとしていかがでしょうか。
2014年5月19日(月)

カツオは不漁か?

数々の報道で、カツオの不漁が取沙汰されています。確かに、今現在も、昨年に比べてずいぶん高いようです。ただ、本日の業界新聞によると銚子の入荷が急速に増えているとか。これから先、少しは安くなりそうな気配です。
2014年5月15日(木)

トキザケ新物に

先日、大阪本場で、新物の塩トキザケのセリが行われました。量販店で手軽に買えるようになったトキザケですが、今後の展開も見守りたいものです。このトキザケを皮きりにベニザケなどの入荷も本格化していきます。
2014年5月14日(水)

イワシ高騰

豊漁で、そろそろ脂ものって絶好調、> と思っていたイワシですが、このところ不漁が続き、連休前に比べると2~3割アップの感じです。もっともこれからが本格化するわけで、卸会社は、この高値は一過性のものとしています。
2014年5月06日(火)

青物が潤沢に

築地市場では、ブリ~イナダを総称して青物と呼んでいます。この青物の入荷が潤沢に続いています。理由は、海水温の上昇、そしてハマチ養殖用のモジャコ(稚魚)の採取が激減したことにあるとか。刺身用でキロ500円以下の日も。上手に利用したいものですね。

PR

過去のアーカイブ