ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報 / 2014年1月

鮮魚最新情報

2014年1月31日(金)

ヒゲダラの使い方は...

昨日、ヒゲダラを昆布締めにして食べてみました。平目より、ずっとうまい気がしました。鍋に人気のヒゲダラですが、刺身やムニエルでも美味。2月いっぱいは旬、という感じで使えます。

2014年1月30日(木)

漁獲事情気になるノレソレ

ピンポイントとはいえ、春らしい陽気がチラホラ。築地市場の店頭も、めっきり春めいた感じです。春と言うと、ノレソレですよねえ、入っていますよ。ただし、相変わらずお高い。アナゴ自体がとれなくなっており、ノレソレの漁獲規制の声も揚がっていますし。そんな風潮を反映してか、若干肩身が狭い、なんて雰囲気で並んでいますね。

2014年1月22日(水)

大寒にぬかサンマ

ぬか漬けにより風味と保存性をもたせた統の加工品、ぬかサンマが入荷。大寒のこの時期、ぬかサンマを見かけると、春近し、と感じます。あぶるなどして酒の肴などに。

2014年1月21日(火)

子持ちカレイは煮付けで

北海道余市や噴火湾などからは子持ちの赤ガレイ。青森や函館からは同じく子持ちのなめたガレイ。煮つけにいかがでしょうか。

2014年1月19日(日)

ニシンを軽くしめて

ニシンの資源量は、かなり改善されているようで、刺身用におすすめのニシンが豊富に入荷。軽くしめたものは、イワシのような癖もなく、ほんとうにおいしいと感じます。

2014年1月18日(土)

サヨリ、宮城から

春のイメージが強いサヨリですが、暖かくなると産卵期に入り、実際はいまひとつ。現在、宮城県から上物の型のいいサヨリ入荷。刺身にすしだねにおすすめです。

2014年1月17日(金)

イワシ、刺身におススメ

このところ石巻あたりから脂ののりもまあまあ、刺身におすすめのイワシが順調に入荷。お値段もかなりお求めやすくなっています。

2014年1月17日(金)

ホタルイカ新物登場

ホタルイカの新物、まだ小さすぎて味もぜんぜんですが、新物と言う事で話題にはなっているようです。例年3月1日、富山県産解禁となっていましたが、今年も富山県産の初売りもはやまるのでしょうな。

2014年1月16日(木)

北方4島ウニ

アベノミクスはいずこに。ウニの大暴落が続いています。4000円以上のものが、2000円代でせられることも。地方が売れてないので、築地に集まり、築地も飽和状態。水産への恩恵はまだまだです。。。

2014年1月11日(土)

春のきざし

兵庫県からのサヨリ、鹿児島県から春子。青森県のシラウオ。ヤリイカもチラホラ子持ちが始まっています。立春を前に、春の便りもぞくぞくと登場です。

2014年1月10日(金)

マダラがピーク

北海道、東北からマダラが今、ぞくぞくとやってきています。活魚、丸のオス、メス。フィレ、ブワダラ。 白子も国産物が入荷。 今がピークというところです。

2014年1月09日(木)

シラコ、国産も潤沢に

正月過ぎるとサイズも大きく、味ものってくるマダラのシラコ。アラスカ産のほか、国産も潤沢に出回っています。ただし、お値段のほうは国産でキロ4,500~5,000円というところ。時化がおさまれば、もう少しお安くなるとは思います。

2014年1月06日(月)

マサバ入荷なし

本日6日、なんとシーズンのマサバがほとんど入荷なし。ほとんどというか、限りなくゼロに近い、というかそんな状況。四国産が若干あったもののキロ3000円近く。暮れにはキロ1000円以下で充分にあったものを・・・・これも時化の影響です。

2014年1月06日(月)

初ゼリの模様

初ゼリということもあり、魚の種類は比較的揃ったという感あり。ただし、量は少なめ。本格的な入荷は、7日火曜日あたりからでしょう。

2014年1月05日(日)

今年のマグロ

今年もよろしくお願いいたします。初荷といえば、マグロのセリ。今年は億単位のマグロが出るといった大波乱はなく、セリは粛々と進んだようです。ただし、国産クロマグロ生が30本しかなく、相場は高めで推移。全体平均としては高めに終わりました。

PR