ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報 / 2013年4月

鮮魚最新情報

2013年4月27日(土)

夏の予感…ゴマサバ&ホヤ

早いもので刺身用の活けのゴマサバが 入荷。これが入ると、夏の雰囲気。 北海道からはすでに盛夏の味覚ホヤも登場。 連休すぎれば、夏に大きく衣替え、というところでしょうか。

2013年4月26日(金)

休漁さわぎのイカ

シロイカ、赤イカ、ヤリイカ、墨イカ、スルメイカと 今はイカの種類豊富な時期。 燃油高騰のための休漁がさかんに報じられて いますが、連休明け30日の入荷には さほど大きな支障はないようです。

2013年4月20日(土)

モズク収穫ピークに

4月21日はモズクの日。 全国の9割以上のシェアを占める沖縄県が もずく拡販のために設定したのがモズクの日。 ちょうどこの日あたりが収穫のピークなのです。 今年は1~2月、産地では晴天が続いたので 順調な生育らしいです。 陽気もよくなり、もずくの口当たりが 恋しい季節にはいりましたね。

2013年4月19日(金)

イワシ豊漁だが…

日本海でイワシはあいかわらず異常に高い 水揚げ高を示しているようです。 しかし卵を持っているのがちょっと。 卵が完全にぬけ、身が肥えてくる夏が楽しみです。

2013年4月18日(木)

ヤリイカからアカイカへ

太平洋系の剣先イカ、アカイカが登場。 ヤリイカもまだまだ頑張っていますが、 そろそろ交替の季節です。

2013年4月10日(水)

春トビで季節感を演出

屋久島から八丈島へ。 価格も昨年なみ。 春トビは、夏トビに比べて魚体が大きく、 その分、身どりが楽。 1尾およそ200円前後というところ。

2013年4月09日(火)

ヤリイカとメジの関係!?

子持ちがあったり特大が入荷したりで、 今年はわりあいに潤沢なヤリイカ。 そのことで、面白い話を耳に。 メジマグロが畜養に回されるのか極端に減少。 メジは、イカが大好物。 減ったぶん、ヤリイカも増えているんだとか。

ご参加者より多くのリクエストをいただいている食材セミナー。 これまで日本料理店店長、寿司職人の方々から、各種料理店関係者、料理研究家の方々まで、幅広いご参加者に恵まれてきました。今回は春の特選素材と題した春、初夏の食材を取り上げています。 これまで同様、特徴ある食材の紹介から今年の動向まで、売上げに繋がる食材情報を揃えて皆様のお越しをお待ちしております。 [開催概要] 日 時:4月20日(土)9:30~ 場 所:吹田商店2Fキッチンルーム(中央区築地4-11-1) [お申込] FAXにて築地場外市場振興組合(03-3541-9465)までお申し込みください。 [出演店] 魚がし北田 藤本商店

2013年4月03日(水)

小女子(こうなご)サッと炙る

関西では春の風物詩として人気のこうなご。 築地にも、こうなごの佃煮が加工品の店あちこちで 出ています。 さらに昨日は、明石産直のこうなごも。 大きさは、かたくちイワシ大。 さっと炙るだけで美味。骨まで楽に食べられました。 南蛮漬けもいいですね。

2013年4月01日(月)

開花とともに桜エビ

駿河湾特産の桜エビ。漁期は春と秋です。 すでに春漁は始まっており、場内のあちこちで 新物販売の様子が見られます。 この桜エビは、近年、やや不漁気味で高値推移となり、 安い台湾産へとシフトする傾向がありました。 しかし今年の春漁は復調の気配濃厚とのこと。 価格に反映されるといいですね。

PR