ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報 / 2013年3月

鮮魚最新情報

2013年3月26日(火)

サヨリ、使い時

やはりこの時期、椀物などにも人気のサヨリ。 冬からいろいろと入荷が続いていますが、 価格もやや落ちついているようです。 神奈川、千葉県など近場からも かなり入っています。

2013年3月25日(月)

花見にタイ

サクラダイの異名のとおり、産卵期に入り 婚姻色を帯びてきたマダイ。花見シーズンに あわせて天然ものの入荷も活発です。 主な産地は長崎、愛知、東京湾など。 東京湾モノは、若干高めですが、 さすがのお味です。

2013年3月24日(日)

活け締めマイワシ

石川県ではイワシの新漁が始まりました。 そのうち一部ですが、首折れした活け締めが ありました。もちろん価格は高め。刺身を 意識した商品です。さっそく味わってみると、 首折れして血抜きしてあり、 生臭みがまったくありません。 すし屋居酒屋に好評のようです。

2013年3月22日(金)

開花とともに、初鰹

今年は桜開花が異常に早い年。 夏日も出てくる気象状態です。 そこで、例年よりも早めの初カツオ気分でしょう。 今、鹿児島県では黒潮にのって昇るカツオが豊漁。 例年なら、小笠原あたりが漁場ですが、 今年はホンマモンの黒潮初カツオが食べられそうです。

2013年3月15日(金)

春トビ、八丈島から

2013年3月14日(木)

イワシ豊漁

この2、3年、イワシの漁獲量が増えています。 今年も、長崎県や石川県で漁が始まっていますが、 好調の様子。業界新聞によると 対馬沖では20年ぶりの豊漁とのこと。 数年前は不漁で、異常な高値でしたが、 イワシ、本格的に戻ってくるのでしょうか。 だとしたら、うれしいですよね。

2013年3月06日(水)

三陸生ワカメ、平年なみに

大船渡からの生ワカメを見ました。 三陸もそろそろワカメのシーズン。 先日は、塩蔵わかめの初入札が気仙沼市で 行われました。 昨年は、量が少なく、史上最高値をつけましたが、 今年は震災前の量に戻りつつあり、 価格も平年なみだったそうです。

2013年3月05日(火)

兵庫のほたるいか豊漁

富山湾内産が解禁となっています。 しかし、今年は兵庫県産が異例といっていいほどの 豊漁。価格も、ぐんと安くなっています。 現状では富山湾内産と比較すると 富山湾内産が3倍ほど。 苦しい状況を迫られています。 もっとも、富山湾内産も昨年の不漁に比べると 今年は持ち直し感もあるようです。

2013年3月02日(土)

際立つ生ニシン

生ニシンが、暮れから入荷していますが、 最近のものは、卵も充実し、目立って 大きなものが増えてきました。 なんでも北海道石狩湾で、今年はよく獲れているようです。 1月に漁が始まり、現時点で、前年度の3倍近く。 イワシが脂ののりも今一つなので、かわりに ニシン、おすすめです。

2013年3月01日(金)

イカナゴ漁、解禁!

関西に春を知らせる魚といえばイカナゴ。 ジャコにもなる小魚ですが、釘煮はご当地名産の一つ。 そのイカナゴ漁が、2月28日、解禁に。 イカナゴの産地も関東まで上り詰めると 春らんまん。 それにしても今年の冬は長いですね。

PR

過去のアーカイブ