ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報 / 2013年2月

鮮魚最新情報

2013年2月22日(金)

厳しい現況

残念なお知らせです。今月14日、銚子沖でとれたスズキに 基準値を超える放射性セシウムが検出されたとのこと。 昨年12月、やはりセシウムを含むスズキが 銚子で見つかったことを受けて、 スズキの操業を自主規制してきましたが、 改めてスズキの出荷を自粛するようにと 要請があったそうです まだ旬ではありませんが、旬に入った夏場まで 続くと、ちょっと困りますよね。

2013年2月21日(木)

三陸ワカメ初入札

先日、気仙沼市で、三陸ワカメの初入札がありました。 昨年は、復興後初めてだったので、ご祝儀相場がつきましたが、 今年は震災前と変わらない価格で推移したそうです。 築地には、佐島の生ワカメも入荷。 塩蔵物の新ワカメもできました。

2013年2月20日(水)

サーモン円高影響

このところ円安が続き、ガソリンが値上がりしています。 水産品も、円安の影響をうけ、 サーモンをはじめとする輸入食材が ジワジワと値上がりしています。 これからも、この傾向は続きそうです。

2013年2月12日(火)

航空便で初ガツオ

1月、ちょっと姿を消しますが、 春のカツオのシーズンに入りました。 鹿児島県からは、上物の釣りのカツオが 航空便でやってきています。 色がきれいで、初ガツオの名にふさわしい お味です。

2013年2月11日(月)

そろそろ子持ちヤリイカ

そろそろ子(卵)持ちヤリイカの時期。 子持ちヤリイカといえば、青森県ですが、 このところしけ続きで入荷もまばらなようです。 ほかには、石川県から子持ち混じりの ヤリイカが入荷しています。 とろりとした食感の卵は、独特のうまさです。

2013年2月08日(金)

例年より早く生ホタルイカ

例年なら2月下旬、ポツポツと見た生ホタルイカですが、 すでに入荷しています。 ホタルイカは、兵庫県沖(日本海側)に漁場が発見されて以来、 入荷が早まっていますが、冬場のものは産卵前であり、 資源保護的な意味からするとちょっと疑問ですね。 また肝に脂がのっておいしくなるのも、 サクラが咲く時期です。

ここに画像

節分の恵方巻きの売れ行きは どうだったんでしょうかねえ。 ともかくも暦のうえでは春。 北海道からの桜マスの入荷が始まりました。 ハイシーズンは、桜が咲く頃ですが、 季節先取りで、そろそろよろしいのではないでしょうか。

2013年2月02日(土)

大きく、安く、ホタルイカ

週が明ければ暦のうえでは春。 春の風物詩、ホタルイカも徐々に大きくなっています。 それとともに、お値段のほうも、ジワリジワリと安く。 立春すぎたら、おおいに使っていただきたいものです。

飯がしっかり詰まった上物は、かなり高いのですが、 イイダコの入荷始まりました。 淡路産、いいですよお。

2013年2月01日(金)

お得感、サゴチ

サワラの若魚、サゴチは早春の魚というイメージ。 サワラに較べ、なんといっても価格が安いのが魅力。 焼き物などには思いきって使えます。

PR

過去のアーカイブ