ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報 / 2012年6月

鮮魚最新情報

2012年6月30日(土)

スルメイカ函館解禁

スルメイカの子供、バライカがそろそろ少なくなってきました。 すでに、北上群の先頭は、津軽湾に到達。 今週初めに、函館の新物が入荷しました。 身もフックラで、やっとスルメイカが戻ってきた、という感じです。

2012年6月20日(水)

シラス干し高値

3月よりシラス干しの新物が入荷していますが、 今年はシラスが大不漁。昨年の倍にはなる 価格で推移しています。 例年なら仲卸店頭に、韓国産は あまり登場しないのですが、 今年はそんなわけで、韓国産を見かけることが 多いようです。業務筋などにかなり買われているようです。

2012年6月12日(火)

ハモ、今のうちは

ハモが入荷すると一気に夏、という感じです。 活け、および野締め、さらに丸を骨切りしたもの、 から揚げ用の冷凍。いろいろと出揃いました。 7月に入ると、京都の祇園祭や大阪の天神祭りの 影響で、値段は上がっていきますが、 今はまだまだ落ち着いた値段。例年なみです。

2012年6月05日(火)

ハモ、今のうち

夏は長くてニョロニョロ、という魚が旬。 ハモ、アナゴ、ウナギです。 今年は、シラス不漁のあおりでウナギはかなり高いことに。 ハモやアナゴは、ほとんど昨年なみの価格。 ハモ等、まだ京都大阪の祭景気に引っ張られることもなく 安い。まあ、7月の声を聞くとあがっていくでしょう。

2012年6月04日(月)

鮎、天然は岐阜から

6月に入り、各河川でアユ漁解禁のニュースが相次いでいます。 全国の鮎相場をリードするのは、岐阜県。 その岐阜県産の天然鮎が築地にも並んでいましたが、 塩焼きにいいサイズで1尾700円、さすがです。 養殖物は、昨年と変わりない価格。 売れてないとみえ、ばら売りするような店も登場しています。

PR

過去のアーカイブ