ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報 / 2012年3月

鮮魚最新情報

2012年3月31日(土)

放射能規制値、厳しく

4月から食品に含まれる放射能規制値が より厳しいものに変わります。 それに合わせ、福島県以外でも、いろいろと動きが生じています。 茨城県では、マコガレイ、スズキ、マダラ、ヒラメ、ナメタガレイ等 12種を全県自粛の対象に、さらに海域別の自粛も。 また宮城県では、金華山より南のスズキを生産自粛対象に。 さらにマダラについても検討中です。

2012年3月24日(土)

新わかめ入札会

3月22日、岩手県で新ワカメの入札会が ありました。 今年の寒さの影響は、ワカメにも及び、 例年からすると3週間ほど遅れたそうです。 大震災以前と比較すれば、量こそ少ないものの、 仕上がりは上々だそうです。 三陸の春は、ワカメ。復興の旗印として 大いに味わいたいものです。

2012年3月23日(金)

人気のノルウェーサーモン動向

ノルウェーサーモンが世界中で 引っ張りだこの人気というのは、すでにご存じと 思います。 そこで海外事情に、相場が影響を受けており、 ヨーロッパの4月はイースター祭で、それに向けての 需要が高まっており、相場を上げつつあります。 卸筋では、イースターが終われば元に戻る、と 推測しています。

2012年3月17日(土)

地震によりホタテ急騰

先の水曜日、北海道で地震があり、 津波警報が出ました。 北海道沿岸で最大で20センチほどでしたが、 ホタテにとって困った事態となりました。 野付など太平洋側のホタテ産地が流氷で びっしりおおわれてしまい、漁ができない状態に。 噴火湾から入荷はしているものの、量は限られており、 なんとこの数日は、むきホタテ1パック5000円に。 流氷騒ぎがおさまるまで、値段には注意されるのが いいでしょう。

兵庫県などからアカシタビラメが 入荷しています。 黒シタに比べると、やや身質のきめが粗い ような気もしますが、やはりソテーなどにすると うまさは格別。 意外ですが、煮付けもなかなかです。

2012年3月12日(月)

ワカザギに風評被害

ワカサギの季節です。 築地入荷のワカサギですが、 売れていないようです。 福島原発による放射能の影響が 茨城県や栃木県の湖でとれるワカサギに 出ており、そのためです。 ワカサギというだけで北海道産が売れない。 残念なことです。

2012年3月05日(月)

カレイは煮付けに

煮付けにいいアサバガレイ、アカガレイの 子持ちが、北海道から入荷しています。 価格も比較的こなれ、ランチに使えそうな値段です。

2012年3月02日(金)

ホタルイカ漁スタート!

山陰方面では、すでにホタルイカ漁が始まり、 築地の店頭を飾っていますが、 強い寒さの影響を受けて、例年より 成長が遅いようです。 また3月1日には、富山湾解禁となり、 地物のシールを貼った富山湾沿岸各地からの ものも登場しました。 こちらもまだまだ小ぶり。 これからが楽しみです。

2012年3月01日(木)

三陸の春を告げるワカメ

三陸地方での新ワカメの採取が始まり、 先日は、石巻で入札も行われたとか。 築地にも、生の新ワカメが入荷しています。 3月に入って少しずつですが、春の気配も 感じられます。 春の季節を盛り込むに、 新ワカメは、かっこうの素材でしょう。

PR