ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報 / 2011年6月

鮮魚最新情報

2011年6月30日(木)

シイラがなんと!?

場内で、本日は、シイラの特売を発見。 なんとキロ300円ですよ。 鮮度もよく、たたきにして食べてみました。 高知県では、シイラをよくたたきで食べるんですよね。 すでに卵を持ち、身はちょい、だれていたけど、 香味野菜をたっぷり添えて、おいしくいただきました。 なんといってもキロ300円。 歩いていると、こんなめっけものもあるんですよ。

2011年6月29日(水)

気仙沼からカツオ

三陸有数のカツオの水揚げ港である気仙沼港。 28日、待望のカツオが水揚げされて、築地にも。 宮城県では、塩釜港からも入荷がありますが、 復興カツオ、ご祝儀相場で、キロ3,000円近くと 高めでしたが、まあまあの売れ行き。 もっとも漁場は、まだ房総沖にあり、 本格化するのは、今しばらくお待ちを、というところ。

2011年6月17日(金)

入梅いわし

入梅イワシという言葉もあるように、 イワシに脂がのってきました。 2000年初めは、イワシがまったくとれなくて キロ1000円以上も当たり前でしたが、 今年は豊漁。うわさでは、大量貧乏に泣いているほどとか。 イワシ、超おすすめです。

2011年6月15日(水)

夏のごまさば

関東ではゴマサバのなじみは薄いようですが、 夏のゴマサバは脂がのって美味。 すし屋に得意先の多い仲卸さんのなかには、 夏はゴマサバをすすめている店もあります。 本日は神奈川県のものが特売で 1尾500円というのを見かけました。 ちょっとお試しになってはいかがでしょう。

2011年6月06日(月)

かなりの入荷アオリイカ

関東の夏場、高級イカとして知られているアオリイカ。 津波の影響で、海環境が変化したのでしょうか。 千葉県、網代、佐島、東京湾などから かなりの入荷がみられます。 1キロ以下の活も見ますが、 やはり味がのって使いこたえがるのは、 1キロアップからでしょう。

2011年6月04日(土)

コチに期待

夏の味覚の代表的存在。洗いにしてシコシコとした 食感は、ことに喜ばれます。 九州、愛知、千葉県などから活魚として入荷。 震災の影響で、夏の白身として人気を誇る 活マコガレイの入荷が少なく、高値相場が続くぶん、 活けコチは期待していいでしょう。 これからさらによくなります。

2011年6月03日(金)

今が旬のスズキ

今が旬。上物の常磐産こそほとんどありませんが、 東京湾、日本海側、紀州産と全国から入荷しています。 船橋あたりでは、かなりあがっているようです。 全般に震災の影響で、相場は高めで推移していますが、 季節ものだけあって、昨年とあまり変わりありません。

2011年6月01日(水)

遅れ気味昇りカツオ

防州や沼津から入荷。今年の昇りカツオはかなり 遅れましたが、いよいよ関東圏で本格化。 先週は時化の影響で高めでしたが、 相場も落ち着くでしょう。 お求め安い2キロ程度のまき網小型かつおも 脂がのってきましたし、量も増えています。

PR

過去のアーカイブ