ホーム /  業務筋情報 / 鮮魚最新情報 / 2010年11月

鮮魚最新情報

2010年11月21日(日)

ブリ情報

今年は海水温の影響とかで、 日本海側のブリの南下が遅れ、 普段ならとっくに終わっている北海道産が、つい先ごろまで 入荷していました。 それもけっこう安めの価格で。 しかし11月も下旬を迎え、そろそろ終了の気配。 いよいよ南下が始まり、寒ブリのシーズンへと 移っていきます。

2010年11月19日(金)

冷凍フィレのサワラ

西京漬けなど、献立として登場させたい漬け魚の季節。 おせちも視野に入れると、サワラあたり、気になりますよね。 そんなわけでこの時期、各地からサワラの生鮮モノが 入荷しています。 そんななか、ひそかにがんばっているのが、 韓国産の冷凍フィレ。 真空パックに入った片身で、目方にして1キロ前後。 脂もよくのっており、 漬け魚にはけっこう使えます。

2010年11月18日(木)

胆が魅力、スルメイカ

北海道からスルメイカが順調に入荷しています。 海水温の影響からか昨年よりは高めですが、 肝が大きくなり、塩辛つくりには、最高です。 大間のマグロに脂がのってくるのも、 この脂がのったスルメイカを食べてのこと。 肝だけ炒めても脂があり、 チャーハンしても美味ですね。

2010年11月18日(木)

カツオめっちゃ安

ここ数年、昇りのカツオより、戻りのカツオのほうが 入荷は順調です。 ことに今年は海水温の影響か、まだまだ戻りの入荷が快調です。 価格もかなりこなれており、1,000円以下。 ランチにも使えそうな価格帯です。 産地は気仙沼など。 ただし、12月に入ると、三陸方面ではビンチョウへの出漁が始まり、 戻りの入荷は減少すると予測されています。

2010年11月15日(月)

ナマコも本番

ナマコも能登半島七尾からやってくると、冬も本番の気分です。 というわけで、先週、七尾のナマコ、解禁となり、入荷しました。 ナマコは赤、青とありますが、七尾のものは青となります。 築地で値がつくのは、赤ですが、 赤は今のところ佐島産が入荷しています。 価格はまだ出たばかりなので、 青でキロ1,500円前後 赤は、2,500円アップというところ。 これから徐々に値も落ち着いてくるでしょう。

2010年11月08日(月)

セイコカニって?

日本海の冬の味覚ズワイガニ解禁。 オスは松葉かに、越前カニ等と呼ばれますが、 メスはまた違う呼び名です。 セコカニ、セイコカニ、あるいはコウバコ(香箱)等等。 オスの大きさに比べると、メスは甲羅が大きくても 手のひらほど。 そのセコカニの入荷も始まりました。 賞味するポイントは、腹に抱いている外子と呼ばれる卵。 そして甲羅のなかの内子と呼ぶ卵巣です。 資源保護のため、漁期はオスより短く 1月初旬ころまでとなります。

PR

過去のアーカイブ