ホーム /  業務筋情報 / 仕入れAtoZ / Vol.004 「...

仕入れAtoZ

2014年9月22日(月)

Vol.004 「新潟中央水産市場」
「 築地にっぽん漁港市場 」10月オープン記念企画

築地にっぽん漁港市場「新潟中央水産市場」

業務筋のお客さまに朗報!10 月下旬、築地波除通りにグランドオープンする鮮魚のビッグマーケット「築地にっぽん漁港市場」
入居店舗ガイド第2弾は「新潟中央水産市場」です。

明治18年より130年余りにわたり、新潟・佐渡沖はもとより、広く日本海の近海魚を最も得意としている老舗が築地へ出陣。ホテル、飲食店、寿司店、業務筋、量販店、それぞれの特性に応じた業務用卸を承ります。

一押しは、佐渡の寒ブリ!
丸々肥えた定置の10キロ台を海洋深層水で処理。刺身に最高

ズワイだけでなく毛ガニもドンと!
ズワイと言えば越前・山陰のイメージですが、新潟は勝るとも劣りません。ロシアと比べて、比較にならない旨さ。自慢の毛ガニは、11月から。開店早々、お目見えします。

やはり真ダイは冬が旨い!
春のタイは縁起かつぎの桜鯛、夏のタイはフレッシュでお手頃価格。でも、タイはやっぱり冬が最高。脂がのり、いよいよ旨くなってまいります。

底ものはバイ貝、エビ、カレイ、ヒラメ!
ひとこと言わせてください。阿賀野川、信濃川の2大大河が運ぶ滋養が、魚の旨味を培います。新潟といえば、底ものでしょう。

佐渡沖本マグロは、来春夏をお楽しみに!
海水温の低い日本海は冬、荒れるんです。その荒海に揉まれて育ったマグロですから、身が締まり旨いです。

伝統製法で作る現代の味!
鮭といえば塩引きの伝統製法でつとに知られる新潟です。トラウトなど脂がたっぷりの魚を、塩引きにすると、味が凝縮、旨味が増すのをご存知ですか?醬油ベースの焼漬けも是非!

海は荒海、揉まれて育つ魚は身が締まり、脂ののりがバツグン!
築地には日本海側の魚が少なく、魚種豊富な新潟魚は注目されるはずです。

居酒屋・ホテル・スーパー・病院・給食関連業者様への提案

鮮度維持の処理方法、配送時間の短縮
新潟→築地間はわずか3時間余。水揚げ直後に活け締め配送、高鮮度での直送が可能です。 希少高級魚の安定した供給を目的にリキッドフリーズ(アルコールを利用した急速凍結)加工品としても発送します。
飲食店のノウハウを提供
新潟市内に、海鮮丼&居酒屋「新潟鮮魚問屋 港食堂」を運営しており、旬魚の下ごしらえからメニュー開発まで、培ったノウハウを、飲食店の皆様に、あますことなく提供します。
"すぐ使える"新潟特産品を拡充
  • 新潟独自の発酵食品である味噌、醤油、酒粕、糀の旨みを最大限に活かした鮭等の漬魚
  • 特産イカ、近海魚の一夜干し等、自家製手作り海産物
  • 新潟の郷土料理である焼漬、昆布巻、煮魚、焼き魚、揚げ物、濡れ珍味etc.高級惣菜。
  • 創業者の名を冠した自社ブランド「五代目寅きち」塩辛は、従来の塩辛と大きく違い、日本酒に合うように、肝の状態から新たな制作行程で作っています。
生産者・行政と連携し、築地で新潟魚ブランドの確立を目指します。
皆様のご要望をお聞かせください。

お問い合わせ

新潟旬魚カレンダー

アサリ、ホッケ、桜ダイ、サワラ、スルメイカ、もずく、根もずく、めかぶ、銀葉草、ホッケ、タマガンゾウビラメ、ヤナギムシガレイ、スズキ、スケトウダラ、マダラ、ハタハタ、ノドグロ、ババガレイ、本マグロ
本マグロ、スルメイカ、アマダイ、岩ガキ、サザエ、舌ビラメ、白ギス、スズキ、アジ、小鯛、スズキ、アカガレイ
ハタハタ、柳ガレイ、口細ガレイ、サバ、秋鮭、ホッケ、タマガンゾウビラメ、ヤナギムシガレイ、スズキ、スケトウダラ、マダラ、ノドグロ
寒ブリ、ズワイガニ、毛ガニ、アンコウ、マダラ、スケトウダラ、ナメタガレイ、マガレイ、赤ガレイ、アサバガレイ、ババガレイ、赤ヒゲ、ヤツメ、水タコ、なまこ、佐渡かき、ニギス、スルメイカ、ハタハタ

PR